【北欧通信 Vol.9】氷河の欠片の流れ出す、アイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖へ【前編】


アイスランド南東部にある、氷河の欠片が海へと流れ出す、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖を訪れました。

アイスランドは火山から氷河まで、数え切れないほどに多様な自然を楽しむことができる国。そんな中で、まずBUZZAP!取材班が訪れたのはアイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖。


ここはケフラヴィーク国際空港から417km。車で5時間半ほど掛かります。バスツアーでは高価な上に1日掛かりの距離となるため、自分のタイミングで動け、自由に途中のスポットに寄ったり宿泊場所を決めたりできるレンタカーであることが生きてきます。
実際にレンタカーで旅をする時は、こうした遠方のスポットをまず訪れて、帰りながら気になるスポットを時間や体力と突き合わせながら考えるのが一番スムーズです。
レンタカーの返却日時はともかく、帰りの飛行機の日時はおいそれとは変更できないため、最後のスポットからの帰りの距離は短くなるようにスケジュールを組みましょう。
さて、ヨールクルスアゥルロウン氷河湖へのドライブの多くはリングロードと呼ばれるアイスランドをぐるりと一周する国道1号線を主に通ります。夏期などはそれなりに車が通りますが、道路はよく整備されています。


1号線を走っていて最初の休憩地点となりそうなのがセールフォス。ここは大きなキャンプ場などもあり、宿泊も可能。トイレついでにひと休みしておいてもよいでしょう。


そこからさらに1号線を東へ。

迷うことはありませんし、道もまっすぐですが、景色が雄大すぎるのでよそ見運転には要注意です。







アイスランドのほぼ南端に当たるのがビーク。


ここには巨大な駐車場を備えたショッピングモールがあり、食材からお酒、防寒具、寝袋やガスカートリッジなどのアウトドアグッズにお土産まで取りそろえています。



買い忘れたものなどがあれば、ここでしっかり揃えておきましょう。この先はヨークルスアゥルロウン氷河湖まで大きな街はありません。


ツアーバスの休憩にも使われているため、カフェやトイレなども完備しており、アイスランド南部を旅する際の重要な中継地点となっています。


また、ここを過ぎるとガソリンスタンドも数十kmおきにしかありませんので、ガソリン残量を今一度チェックしておきましょう。準備を終えたらさらに東へ。


息を呑む光景が次々と現れます。7月でも雪の残るハイランドに辿り着くにはそれなりの装備と時間が必要です。


途中から、遠くに氷河を臨めるようになります。


途中では「氷河の大洪水」によって流出した橋の残骸を用いたモニュメントが。美しい自然が時に荒々しいのは世界共通のようです。


まだまだひた走ります。


そんな場所でも人々の営みが。


氷河から流れ出た川は速く、濁っています。

朝一に出発してから5時間。ようやくヨークルスアゥルロウン氷河湖に辿り着きました。駐車場はツアーバスやキャンピングカーを含めた自動車で賑わっていました。


さて、いよいよ後編ではヨークルスアゥルロウン氷河湖を見に行きましょう。

【【北欧通信 Vol.9】氷河の欠片の流れ出す、アイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖へ【前編】】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply