Amazonプライムが年会費を4900円に1000円値上げ、概ね容認ムードでサービス開始から据え置きだった事への驚きの声も


1000円値上げとなりましたが、「今までが安すぎたしこれでも十分に安い」という反応が大半のようです。詳細は以下から。

Amazon Japanが4月12日、会員制プログラム「Amazonプライム」の年会費を2007年のサービス開始以来初めて値上げすることを明らかにしました。
同日付で年会費を3900円から4900円に1000円値上げ、月会費では400円から500円に100円値上げしました。既に会員になっている人の会費は5月17日以降の更新時から適用されるとのこと。
2007年のサービス開始時には「お急ぎ便」などの配送特典のみでしたが、その後動画見放題の「Prime Video」や音楽聴き放題の「Prime Music」が2015年に導入されました。
また2016年には無制限フォトストレージの「Amazon Photo」、2017年には食品配達の「Amazon フレッシュ」や電子書籍読み放題の「Prime Reading」といった多才なサービスを提供するようになっています。
値上げ後の4900円という値段についても、アメリカ合衆国でのAmazonプライムの現在の価格119ドル(約1万3000円)の半額以下ということから、今回の値上げについては概ね容認ムードとなっています。
むしろサービス開始から12年間、多くの特典が増えたにも関わらず年会費を据え置いていたことへの驚きの声も出ており、タイミングとしては正解だったということになりそうです。
ただし会員に対する事前の告知や連絡がなく、多くの人がネットニュースなどで値上げの事実を知ることとなっており(編集部注:現時点でも通知メールなどはありません)、その部分に関しては不満の声も聞かれます。
今後も告知無しでの値上げやサービス変更などが続くようであれば、ユーザーの不信を買う可能性もありそうです。

【Amazonプライムが年会費を4900円に1000円値上げ、概ね容認ムードでサービス開始から据え置きだった事への驚きの声も】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply