Monthly Archives

March 2019

  • 日本初! 日本茶ミルクティー専門店「OCHABA」が新宿にオープン!! 行列1時間待ちの間に聞こえてきた話が切なかった……

    全国的にタピオカミルクティのお店が続々と誕生している。台湾発とか韓国発の新店がバンバン日本に進出しており、コーヒーショップを駆逐するような勢い。とはいえ、いずれブームは去ると思うのだが……。そんななか、日本で初めてとなる「日本茶ミルクティー」の専門店が新宿ルミネエストにオープンした。 待つことを覚悟してお店に行ってみると、予想通り1時間15分も行列に並ぶ結果となった。それはまあ良いとして、待っている間に耳に入ってきた女子大学生の話が切なかった……。 ・新宿駅東口出てすぐ お店はJR新宿駅東口改札を出て、すぐのところにある。2019年3月22日11時にオープンするとのことだったが、私(佐藤)が店前に到着したのは、11時30分過ぎだった。 出遅れていることを承知で列の最後尾へ。列は店の前の階段を降りたところで壁沿いに曲がっており、階下から店の様子を見ることはできなかった。この段階で40人近く並んでいた気がする。 ・イヤホンを忘れてしまった 待つことはあらかじめ予想していたので、たばこを吸いだめしてトイレにも行き、準備万端だった。1つだけ用意が不十分だったのは、ワイヤレスイヤホンの充電が切れてしまったことだ。音楽を聞いて気を紛らわせようと思ったけど、まあ音楽なしでも問題ないだろう。そう思いながら、最初の30分をやり過ごしたところで、階段のところまでたどり着いた。 列に並んでいるのはほとんどが女性。それも2人連れくらいの学生さんが多く見受けられる。春休みということもあって、県外からわざわざ開店初日に来ている風情の人たちもいたようだ。 ・スマホを変えたい女子の会話 立ちながら半分寝そうになっていると、後ろの方にいた2人連れの女子大学生の話し声が耳に入った。ジャニーズがどうしたとか、バイトがどうだとか、若い女の子らしい会話が続いていくなかで、スマートフォンの機種変更に話題が移った。 その子は、iPhoneXS MAXに機種変更をしたいと考えたが本体が高すぎて自力では買えないという。せめてXSにしたいと願う彼女は、その打開策を友達に相談していた。以下はその内容の要約だ。 「私のコレ(スマホ)、ママ名義だと思ってこの前、ソフトバンクに行ったんだけど~、調べたらオヤジの名義だったんだよね~」 母親は「ママ」、父親は「オヤジ」。パパって呼んでやって欲しいと勝手に私は思った。話は続く。 「XS MAXが欲しいけど、めっちゃ高いでしょ。だから、オヤジのXSをもらうことになりそう」 お父さんはたとえ「パパ」と呼んでもらえなくても、娘のわがままを聞いてくれるぞ。きっといいお父さんなんだよ、娘さん。そこでこの話題が終わると思ったら……。 「オヤジのもらったらアルコール消毒する、ガーッて(笑)」 娘さん……。お父さんは「パパ」と呼んでもらえなくても、あなたのことをきっと大事に思っているはずだよ。なのにアルコール消毒って……。そこまで嫌がることないじゃないか……。 そのXSにしたって、安いものじゃないんだよ。お父さんが一生懸命働いて購入したものを、あなたがバキバキiPhoneになってしまったがために、あなたにあげることになるかもしれないというのに、アルコール消毒ガーッ! はないでしょ……。おじさん(私)は悲しいよ……。 ・注文まで1時間15分 そんな話を耳にしながら、娘さんにやや拒絶されているお父さんに思いを馳せていたら、ようやく店の前に来た。 メニューを見ると、バリエーションはそれほど多くない。アイスは緑茶・焙茶・玄米茶の茶葉3種。それぞれに3種のテイストがある。ホットは緑茶・焙茶・玄米茶のエスプレッソ(3倍の茶葉を使用)ミルクティーのみだ。 注文したのは、緑茶ロイヤルミルクティー(580円)の黒蜜わらび餅増量(+50円)。ここにはタピオカはなく、トッピングはわらび餅か白玉のみ。 注文を完了した段階で、12時48分。1時間15分もかかったか……。 ・緑茶のさわやかさ そこからさらに約5分待って、ようやく緑茶ロイヤルミルクティーとやらをゲットできたぞ~!! 飲んでみると、ミルクティーはさわやかな甘さだ。静岡県の茶問屋「丸善製茶」の協力のもと、ミルクティーにふさわしい味の茶葉を選んだとのことで、丸みのある甘さと緑茶らしいキレを感じることができる。タピオカミルクティーというと結構甘ったるい印象があるが、緑茶ミルクティーは口のなかに “くどい甘さ” が全然残らない。 ちなみに、私は個人的にタピオカをあまり好きではない。わらび餅も同じような形状なのだが、なぜかこちらは好ましく感じた。きっとこのティーには白玉が合ったはずだ。次に行く時は、かならず白玉トッピングに変更しようと思う。 そして、あのお父さんが「パパ」と呼んでもらえる日が来ることを心から願う次第だ。…

  • NGT48暴行事件、記者会見の裏側で山口真帆さん「なんで嘘ばかりつくんでしょうか」活動休止中の菅原りこさんも2カ月半ぶりのツイート「悲しい…」

    アイドルグループ「NGT48」の山口真帆さん暴行事件から3カ月半。昨日2019年3月21日、ついに第三者委員会の報告書がサイトで公開された。その内容は「メンバーがファンと繋がりがあった」事実を伝えている。 そして、本日、運営であるAKSが報告書と今後の対応を説明する記者会見が開かれているのだが……その記者会見の裏側で、NGT48活動休止中の菅原りこさんが2カ月半ぶりにTwitterを更新しているためお伝えしたい。 ・第三者委員会の報告書 第三者委員会の報告書では、ファンとの私的なつながりのあるメンバーがおり、山口真帆さんの居場所を教えたという事実がハッキリ記載されている。 AKSはこの報告書を受け、メンバーとファンとのつながりは「特定のファンを優遇する行為として不適切」としつつも、これまでは「事前に明確な基準を示して適切な指導ができていなかった」として不問にするという旨をサイトで発表。その方針についての記者会見が本日行われているわけだ。 記者会見では、NGT48の活動継続や、ファンに居場所を教えたメンバーの行為を不問にすることが改めて説明されているが、そんな説明会の裏側で動きがあった。現在、NGT48の活動を休止している菅原りこさんが2カ月半ぶりにTwitterを更新したのである。その内容は以下の通り。 「ただ真面目にアイドルをしていただけなのに… 皆さんの笑顔が見たいだけなのに… 悲しい…」 ただ真面目にアイドルをしていただけなのに…皆さんの笑顔が見たいだけなのに… 悲しい… — 菅原りこ (@riko__sakuranbo) March 22, 2019 https://platform.twitter.com/widgets.js ──なお、菅原さんは「山口真帆さんの親友」と言われているメンバーだ。そして、山口真帆さんも、記者会見と同時進行で以下のようなツイートを連投。 ・山口真帆さんもツイート 「只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に「繋がっているメンバーを全員解雇する」と私に約束しました。その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました。コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません」 只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に「繋がっているメンバーを全員解雇する」と私に約束しました。その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました。コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません。 — 山口真帆 (@maho_yamaguchi) March 22, 2019 https://platform.twitter.com/widgets.js 「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。私が謝罪を拒んだら、「山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる」と言われました。他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました」 私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。私が謝罪を拒んだら、「山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる」と言われました。他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました。 —…