Monthly Archives

March 2019

  • 【潜入】フジテレビ開局60周年記念特番『飯テラー1グランプリ』の舞台裏! 現場で何が起きていたのか

    フジテレビは今年開局60周年を迎える。それを記念して、2019年3月25日から記念ウィークが始まり、最終日の31日昼(12~14時)には、昨年深夜の放送にも関わらず、高い視聴率を獲得した『飯テラー1グランプリ』が放送される。前回に続き、出演オファーを受けた私(佐藤)が、その収録現場の様子をお伝えしたいと思う。現場で何が起きていたのか!? ・今回は湾岸スタジオ 前回の収録は、フジテレビ本社ビル(FCGビル)のV4スタジオで行われた。ここは建物のなかでも最大の床面積を誇り、その圧倒的な広さに度肝を抜かれたことをよく覚えている。本番直前にマジでチビりそうになった……。そして今回は、湾岸スタジオでの収録。 バラエティ番組のドッキリ企画などで、エントランスの様子を見たことがあるという人もいるかもしれない。天井が高い立派な玄関だ。 ・控室がある! 私みたいなズブの素人なんて本番までそこらへんの廊下に待たせておけば良いのに、前回は個室の控室が用意されていた。そして……なんと今回も控室が! やっぱり個室! 着替えもメイクもないというのに。なんてぜい沢なんだ……。 ・ケータリングも充実 もちろん、ケータリングもある! 前回確認していることだが、ケータリングはスタジオ前の廊下に用意されており、専属のスタッフが温かい料理を用意してくれている。大抵2~3種のメニューから1つを選ぶことになるようだ。 この日のメニューは、カレー2種と煮物2種の盛り合わせと言ったところだろうか。 ・セットは前回と同じ おっと、ケータリングに浮かれてゆっくりしている場合じゃない。スタジオの様子を見ておこう。収録を行うのはM2スタジオだ。 使用するセットは、前回のものと同じ。高い椅子に座って芸人さんたちと向かい合わせ。これがめちゃくちゃ緊張したんだよなあ。テレビで見たことある一流の芸能人の皆さんと向き合う。しかも司会は東野幸治さん。「こんなところに自分がいていいのか?」と心のなかで何度も自問したっけ。あれからまだ半年しか経っていないとは。もうずっと昔のことのように思える。 本番前のスタジオは、どことなく張り詰めた空気が漂う。良い番組を作りたいという制作スタッフの皆さんの意気込みがうかがえる。 ・現場はどうなった? という訳で、番組は3月31日(日曜日)に放送だ。新元号発表前日、芸人軍とネット軍のグルメプレゼンバトルを見てくれよな! 私の活躍をその目に焼き付けろ! 収録の現場はどうなっていたんだ!? ・番組詳細 名称 フジテレビ開局60周年記念特番「飯テラー1 グランプリ」 放送時間 2019年3月31日 12:00~14:00 取材協力:フジテレビ「飯テラー1 グランプリ」 Report:佐藤英典 Photo:Rocketnews24 Source: Rocket news Japan…

  • ネットで話題のカレー入りどら焼き「インドラ」を食べてみた / 店主に聞いた衝撃の誕生秘話も

    先日からネットで急速に話題となっているカレー入りのどら焼き……その名も「インドラ」。カレーはインド → インド風どら焼き → インドラ! なんて一見安易に思わせておきながら、実はインドや周辺国で多数の信者を擁(よう)するヒンドゥー教、あるいはバラモン教において重要な神様の名前にもかかっているという、テクニカルなネーミング。 このインドラ、仏教においては帝釈天のこと。インドの宗教について詳しくない方でも、帝釈天なら小・中学校で玉虫厨子(たまむしのずし)を習った際に聞いた覚えがあるのでは? まあとにかくエラい神様で、どら焼きとのアンバランスさは半端ない。この名前もヤバいが、どら焼きにカレーという時点からしてブッ飛んでいる「インドラ」。さっそくゲットして食べてみたぞ!  ・創業120年の超老舗「船橋家」 販売しているのは東京は新宿区にある「船橋家」というお店。場所は都営大江戸線の牛込神楽坂駅から徒歩5分くらい。それにしても、どら焼きにカレーぶち込んで「インドラ」だなんて、随分ハイカラじゃないか。若い兄ちゃんとかが始めたハイセンスなお店なのかな? などと思って行ってみると……なんと創業120年! 同じ場所で4代!! とお店にでっかく書いてある。 なお、お店の外側には 「インドラ」今空中をトビマワッテイマス との貼紙が。どうやらここ数日のネットでの人気に気づいているようだ。これはあれかな? 継いだお店に新しい風を吹き込もうとした若頭がネットでのマーケティングをうまく成功させた一例かな?  そんなふうに考えながら店内に入ると、奥からニコニコしたやさしそうなおばあさんが! とりあえず挨拶などしていると、今度は奥から店主のおじいさんが!! どうやら最新のマーケティングに長けた若頭の一計という推測は、大ハズレだったようだ。 ・「インドラ」は昭和60年生まれ 詳しく話を聞いてみると、今ネットで話題の「インドラ(140円)」はなんと昭和60年から売っていたそう。話題になったのも今回が初めてではなく、それこそ発売当初はTVなどにもとりあげられたり、時には海外からの取材も来たことがあるのだとか。 ちなみにネットでの人気については、お客さんに教えてもらったとのこと。「あたしたち、こんなの(スマホ)使い方わからないから」とずっと笑顔なおばあさん。店主のおじいさんも同様で、二人してとても素敵な感じである。 筆者と話をしながらも、お店の前を小学生の集団が通った時などは店の前まで出て手を振り、子ども達も「おばあちゃんバイバイ!」と手を振りまくる。いやはや、最近めっきり減った気がするが、まさに地域に根付いた古き良き和菓子屋というやつである。もうずっとこうしてきたのだろう。 ・辛いものをはやらせようと思って 店主のおじいさんに、そもそもなぜカレーをブチこんだのか聞くと以下のような答えが。 おじいさん「辛いものをはやらせたかった」 おじいさん「甘いのばっか作ってたら嫌になっちまって」 トークが軽快すぎて、どこまでが本気でどこからが冗談なのか測りかねるが……とりあえずそういうことらしい。ちなみに2年の試行錯誤の果てに完成したんだとか。生地がどら焼きのままである点も「あくまでうちは和菓子だから」とのこと。 ・甘辛ウマ&なるほどな味 肝心の味の方は、実に複雑で奥深い。まず、生地の部分はしっとりしていてしっかりと甘く、とてもふんわりしている。スーパーの6個入りの、最初からパサパサしていて味のしないやつとはモノが違う。 そしてカレーが辛い! かなりガツンと来る辛さで、一気に体温が上がる。しかしむやみやたらと辛いわけではなく、すぐに更なる一口を欲してしまうウマさを秘めている。常温にもかかわらずハフハフしながら一気に食べてしまいたくなるのだ。 辛さに舌が慣れてくるとありがたいのが、カレーに入っている大きめのアーモンド片。考えてみて欲しい。柔らかいふわふわの生地と粘性の高いカレー餡……いくらこの二つが上質であっても、そのままでは歯ごたえを欠く。その弱点を上手くカバーするのがアーモンドの程よいザクザク感。 甘い、辛い、ウマい、からのアーモンドで、なるほどなぁと感心させられる。これは30年ずっと売れ続けるわけだ。どら焼きに「インドラ」は立派すぎるだなんて失礼しました。これは間違いなくどら焼き界のインドラ、帝釈天ですわ。 試作段階ではもう少し辛さを抑えたバージョンもあったとのことだが「味がぼやけちまって」今の辛さに落ち着いたそうだ。確かに辛い! 辛いけど、度合いも質も完全に調和していてレベルが高すぎる。これがたった140円とは……価格を上げないのもこだわりなのだそうだ。 おばあさんによると、この手の変化球は「インドラ」だけでなく、過去にはお饅頭用の生地の中にタコや生姜などを練りこんで、たこ焼き風の商品を売ったこともあったのだとか。味の想像がつかないが、なかなか美味しかったそうだ。 売るのをやめてしまった理由を聞くと「タレのレシピをうっかり忘れちゃったの」と、ケラケラと笑いながら答えてくれた。冗談か否か、踏み込むのは野暮というものだろう。さてさて、「インドラ」の完成度の高さからするに、間違いなくこの「船橋家」で食べるべきは「インドラ」だけではないはず。 ・モンブランへのパッション 他にも何かストーリーってありますか? と聞くと、出てきたのが「ホワイトモンブラン(140円)」。いちごを餡子で包み、さらにその外側を薄くホワイトチョコレートでコーティングした一品。季節限定の商品で、名前は言わずもがな、アルプス最高峰のモンブランからとったもの。 「ホワイトモンブラン」も「インドラ」と同じく昭和60年生まれで、作ったきっかけはずばり…