Monthly Archives

February 2019

  • 3時間待って「高級スタバ」に入ったらそこは天国だった! 興奮のあまりスタバで1万円も使う事態になったでござる

    2019年2月28日、世界で5店舗目、日本では初となる「スターバックス リザーブロースタリー東京」が中目黒にオープンした。行列覚悟でお店を訪ねると、入店待ち約1000人という驚愕の状況に遭遇。幸い、メールで入店の通知を受け取れると知った私(佐藤)は、フレッシュネスバーガーでコーヒーを飲んだ後に、漫画喫茶に避難した。 ここまで来たら、あとには退けない。スタバ好きを自負する身としては、せめて中の様子だけでも見てみたい。そう思い、3時間待って入店すると、そこは天国だった! あまりの興奮に気が付けば1万円も使ってしまっていたのである……。 ・3時間待ち 私が最初にお店にたどり着いたのは、同日の昼12時前だ。整理券を受け取ると、私の前に955組もいることがわかり、早々と退散しようかと一瞬思った。だが、フレッシュネスバーガーのコーヒーで目が覚めた! ここで退いてはいけない! そう自分に言い聞かせて、漫画喫茶で待つことにした。 その時、1時間経過していたが、まだ私の前には600組以上が待っている。 『北斗の拳』を読んでいれば、あっという間に時間が経つに違いない。主人公ケンシロウの兄、「トキ」の活躍を見れば、きっと元気が出るはずだ。 ・500組待っているのに 読み始めると、心はすっかり中学時代の自分に戻っていた。そうなんだよ、本当は北斗4兄弟なのに、「ジャギ」の存在は忘れられがちだし、トキの偽者「アミバ」がいたこともみんな忘れがちなんだよなあ。ラオウはスター扱いだけど、改心するまではかなりひどいことをいっぱいやってんだけどなあ。そこへいくとトキはいい。何というか、カッコイイし基本的に無害だし……。 なんてことを考えていたら、さらに1時間が経過。ふとスマホを見ると、メールが来てる。 お! やった!! 店に入れるようになったらしい。 1時間前に600組いたはずなんだけど、全部さばけたのか? そう思い、専用サイトにアクセスしてみると…… え? まだ500組以上いるのに行って大丈夫なの? わかんないけど、来いっていうから行ってみることにした。 ・ここは天国! 再びお店に着くと、最初に訪ねた時とそれほど状況は変わっていないように見える。しかし入口でメールの内容と整理券を見せると問題なく入れた。中に入ったらなぜ500組も待っているのに入店できたのか、その理由がわかった。 お店の中はめちゃくちゃ広い! 地上4階、地下1階、全部スタバ。この日は雨だったがテラス席まで入れると、1000人くらいは収容できそうなほど広い。 混み合ってはいるものの、すし詰めで動けないということはなかった。 入るとすぐのところに巨大な焙煎機。 なにコレ! めっちゃデカい!! こんなにデカいの見たことないよッ! そして、この店舗を象徴するコーヒー豆の貯蔵庫。建物のど真ん中にそびえ立っている! FF7の魔晄炉かよッ!? ・スチームパンクの世界 お店の中を見渡すと、コーヒーショップというよりも工場を感じさせる。あえて表現するならスチームパンクだ! そこら中に豆を送る配管が張り巡らされていてカッコいい! その見た目だけで、3時間待ちの疲れが吹っ飛んだ! 1階は「スターバックスリザーブ」、2階はお茶専門の「ティーバナ」、3階はアルコールも提供する「アリビアーモバー」。そして4階はイベントスペースの「アムインスピレーション」。 3階に上がってみると、ここにも焙煎機がある。 焙煎が始まると、来場者はみんなスマホを構えて撮影会と化す。わかる! 記念に撮りたい気持ち、超わかる!! そういう私もちゃんと撮影してるもん! 撮らずにはいられない。 バーカウンターも画になるなあ~。できれば夜に利用してみたい。 ・1200円のコーヒーの価値 ひと通り建物のなかを見て回ったところで、3階の席を確保できたので、メニューをチェックすることにした。 ここでしか飲むことのできないカクテルメニューも気になったが、お酒はまた改めて。初回なので、まずはここの1番の売り、「バレルエイジド コールドブリュー」を飲むことにした。価格は税別1200円、アイスコーヒーで1000円越えはなかなか。 このメニューは、ウイスキー樽にコーヒーの生豆を寝かせた後に焙煎したという。…

  • Do I return valentine chocolate to a student?

    Hello. I’ve been living here for a few years now, but I just want to get a second opinion on something that I haven’t exactly encountered before. I had a young junior…

  • 「大麻の有効成分を生成する酵母」が遺伝子組み替えで開発される

    Photo by Bob Doran 大麻を利用するのに大麻草を栽培する必要すらなくなる時代が来そうです。詳細は以下から。 医療用として、そして近年はレクリエーション目的での合法化が世界中で進展する大麻。そんな大麻の有効成分を酵母で作ってしまおうという研究が進んでいるようです。 研究を行っているのは既に医療大麻、レクリエーション目的の大麻共に合法化されているカリフォルニア州のカリフォルニア大学バークレー校のJay Keasling博士らのチーム。 方法としては大麻草の遺伝子を酵母に注入し、糖を与えることによって大麻草の内部で起きているのと同様の反応が起こり、THCやCBDといった有効成分が生成されることになります。 THCはいわゆる「ハイ」になる成分として知られており、CBDは主に医療大麻で痛みの緩和などに用いられます。なお、カンナビノイドと総称される有効成分は実際には100種類を超えています。 Keasling博士によると、遺伝子組み換え酵母を用いて大麻の有効成分を作り出す理由としては、THCやCBDはもちろん稀少なカンナビノイドを簡単に、時間を掛けずに生成できることにあります。 これによってカンナビノイドを医療や研究に用いる際に大きなアドバンテージになると同時に、大麻草を栽培する時間や土地、技術や人手などを大幅に節約できるため、より安価に、より環境負荷を減らす形でカンナビノイドを大量に作る事ができます。 確かに研究室の中で水と糖から目の前でカンナビノイドが作れるのであれば、広大な大麻農場で何ヶ月も掛けて大麻を栽培する手間は必要なくなります。 人類の歴史の長きに渡ってアルコールを提供してきた酵母。21世紀になって大麻の有効成分も提供することになるとは、何とも数奇な運命です。 (Photo by Bob Doran) 【「大麻の有効成分を生成する酵母」が遺伝子組み替えで開発される】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 人気店だらけなのに行列なし!『シタマチ・ラーメンフェスティバル』に行って「高級スタバ」の凄さを知った

    スタバの人気がエグすぎる。福袋には応募が殺到するし、新作を出したらネットで話題になるし、国内初の高級スタバ「リザーブ ロースタリー東京」なんてオープンしようものなら、当然のように話題になる。現場で取材している当編集部の佐藤によると、約1000人待ちだったらしい。 これはもはやチートの領域。人気という点で、スタバに対抗できる飲食店は無いかもしれないと思ってしまうほどだ……が! 私がふと気になったのは、「人気の飲食店が束になったら、スタバを越えるのでは?」ということ。 たとえば、『シタマチ・ラーメンフェスティバル』は、人気ラーメン店が集結するイベントで、開催日が高級スタバのオープン日と同じ。これはもしかして……高級スタバよりヤバイことになるかも。そう考えて、当日の朝に現地へ向かった。 ・『シタマチ・ラーメンフェスティバル』とは? まず、『シタマチ・ラーメンフェスティバル』について簡単に説明しておこう。これは、東京・御徒町で行われるラーメンフェスで、「日本で人気のラーメン店が一堂に会し〜」的なヤツである。詳しくは後述するが、そのイベントが始まったのは本日2月28日。 イベントのホームページによると、本日登場するのは以下の6店とのこと。 吉山商店(焙煎ごまみそらーめん / 札幌) らあめん寸八(鶏豚醤油らあめん / 長野) セアブラノ神(背脂醤油 / 京都) 麺匠 うえ田(塩ラーメン / 静岡) 麺や 齋とう(濃厚鶏ラーメン / 大阪) じゃぐら(濃厚豚骨味噌 / 東京) どれも人気店だけに、イベント会場はスタバ以上の混雑っぷりを見せつける可能性はある。開催初日(28日)の天気は生憎の雨だが、それはスタバだって同じ。 ちなみに、私が『シタマチ・ラーメンフェスティバル』の会場に足を運んだのは11時半前後で、佐藤も昼前に高級スタバを訪れている。訪問時間もほぼほぼ同じ。その条件で、混雑具合にどれほどの差があったのかというと……こうだ。 ・混雑具合の差は? まず、高級スタバの方だが、これは冒頭で書いた通りほぼ1000人待ち。「0が2個ほど多いのでは?」と疑ってしまうが、事実ほぼ1000人待ちである。 で、一方『シタマチ・ラーメンフェスティバル』の方はというと………