Monthly Archives

October 2018

  • 餃子の祭典「餃子フェス TOKYO 2018」が東京・中野四季の森公園にてスタート! 肉汁ブッシャーな絶品餃子を食べ尽くしてきた!!

    帰ってきた帰ってきた! 今年もあの祭りが帰ってきたァァァアア!! 餃子好きの、餃子好きによる、餃子好きのための祭典「餃子フェス TOKYO 2018」が、本日2018年10月31日から5日間、東京・中野四季の森公園にて開催されるぞ。 今年のテーマはズバリ “肉汁”。そうそう、餃子といったらやっぱ肉汁っしょ! 様々なカテゴリに分かれた肉汁ブッシャーーな餃子たちを、気の向くまま思いっきり食い尽くしたるで~! ・東京・中野で開催 去年は駒沢オリンピック公園で行われた「餃子フェス」。今年は第1回目の開催地である中野に再び帰ってきた。聞くところによると、若い女性の参加者が非常に多いらしく、グヘヘ~となりながらもなんとか会場入り。 ・餃子もインスタ仕様 平日の昼間なのに、ものすげぇ人だ。女子が多いからなのかは分からんが、 “おしゃれバル系餃子” なる謎のカテゴリがあったのでさっそくチャレンジすっぞ。初出店「餃子バル ぴこれ」の『桜エビとホタテの濃厚ホワイト泡餃子』とやらを注文してみたら……何だコレ! 水餃子の上に、白い泡みたいなソースがかかっているではないか。イヤン、まさにインスタ映え! 食べてみると……ヤバイ。この泡ソース、重さがほぼゼロだ。なんて軽さ! なのにしっかりと味が付いており、激しく未体験の感覚である。 ・食べ尽くす 調子が出てきたのでじゃんじゃんイキたい。お次は初出店となる「花林糖餃子」 の『肉汁たっぷり! エビ蒸し餃子』。エビが1本まるまる! 「餃子とワイン 果皮と餡」の『北海道産牛の濃厚味噌バター牛カツ餃子』。まさに牛カツと餃子の融合だ。ちなみに、会場の餃子はすべて税込600円となっている。 「肉玉そば おとど × 浅草開化楼」の『東京名物 肉汁おとど餃子』。気付けばこれが最初のスタンダードな餃子。柚子胡椒との相性が抜群。 ここまでの餃子は、肉汁が飛び出すというよりはジュワ~ッと染み出てくる感じだった。しかし、「羽根つき焼小籠包 鼎’s(Din’s)」の『羽根つき焼き小籠包』 はちょいと特殊だぞ。 さすが小籠包だけあって、食べると肉汁がブシャーっと出てくるのだ! フゥゥゥゥゥゥ、肉汁最高ーーーーッ!! パリパリの羽根が付いているのも斬新。 ・黙るインスタ女子 食べている途中、隣にいかにもインスタが好きそうな女子5人組がやって来たのだが、インスタどころか写真を撮ることもなく餃子にかぶりついていたのが印象的だった。インスタ女子がインスタにあげるのを忘れるレベル。それがこの「餃子フェス」なのだ。 ・電子マネーは必須 一応、そして念のため書いておくと、会場での買い物は電子マネーが圧倒的に便利。食券販売所は意外と並んでいるから気を付けた方がいい。さらに言うと、「iD」を持っていれば勝ち組である。追加料金なしでファストレーンを利用できるのはマジで無敵だった。…

  • 【転売ヤー殺し】チケット不正転売の法案提出クルゥゥウウウ! ネットの声「いいぞ、もっとやれ」「買う側も罰しろ」など

    プチ社会問題になりつつも、結局のところ問題解決には至っていないチケットなどの不正転売問題。平たく言えば「転売ヤー」といわれる人たちがのさばっている状態だが、どうやら政府が問題解決に向け本気を出すようだ。 2018年10月31日、NHKが報じたところによると、超党派の議員連盟はスポーツなどのチケットを不正に転売することを禁止する法案を今国会に提出、成立を目指すという。もちろん、違反者には懲役や罰金なども科されることになるが、果たしてどうなるのだろうか? ・法案の概要 今国会で成立を目指す法案の概要は、以下のようなものらしい。 ・チケットを不正に転売したり転売目的で譲り受けたりすることを禁止する ・違反した場合は1年以下の懲役や100万円以下の罰金とする罰則を設ける これまで不正転売に関する法律は定められていなかったため、法案が成立すれば一定の効果は見込めることだろう。なにせ今まではグレーゾーンで済んでいた行為が、ハッキリと「犯罪行為」となるのだから。 ただし「不正かどうかの見極め」や「運用方法」など、実際のところ問題は多いハズ。議員連盟は2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え早期に法整備を図りたい考えだ。 ・ネットの声 「いいぞ、もっとやれ」 「遅すぎるくらいだけどやった方がイイ」 「個人ならともかく法人で100万って意味あるか?」 「売る方は当然として、買う方にも罰則を設けるべき」 「ちゃんと機能するかはわからんが、とにかく一歩を踏み出すべき」 「チケット限定なのかな?」 「こうやって1つ1つ法整備していくことが大事」 「100万じゃすぐに元とれちゃうんだなぁ」 「出品サイトも協力しながらやって欲しい」 おそらく、法案が成立しても100%完璧なものではないだろう。ただ、ネットの声にもある通り「1つ1つ整備していくこと」が重要なのではなかろうか? 今国会で成立するのか注目される。 参考リンク:Twitter@nhk_news Report:P.K.サンジュン Source: Rocket news Japan…

  • Preordering Pixel 3 from docomo online shop

    I've pre-ordered Pixel 3 from docomo online shop from Kyoto, but I haven't received the email to fill my contract yet. Anybody received the email yet? I wanted to do it in…

  • 西武信用金庫の窓口で「金融庁の立ち入り検査」について尋ねたら、こうなった!

    2018年10月31日、金融庁は西武信用金庫に対して、来月にも立ち入り検査を実施することを明らかにした。西武信金は、不動産向けの融資で、業者の不正を見抜けなかったとして審査体制に問題があると見られている。 このことについて、確認のために窓口で尋ねたところ、窓口にいたスタッフは「少々お待ちください」と言って、上長にお伺いを立てる事態となった。あ、いや、ちょっと聞いてみようと思っただけなんだけど……。 ・「立ち入り検査」について聞いたら 西武信金の本店は東京・中野にある。プライベートで利用する機会のある私は、報道のあった日の朝、本店を訪ねる用事があった。所用のついでに出がけに見たニュースのことを聞いてみた。 「あの、金融庁の立ち入りの報道を見たんですけど……」 「問題ないですよね?」と続けようとしたところで、スタッフは立ちあがり、「少々お待ちください」と言って、窓口を離れたのである。そして上長とおぼしき人物に、何やら険し気な表情で尋ねているじゃないか。かなり軽い気持ちで確認したつもりなんだけど……。 ・偉い人が出てきた! その上長は窓口スタッフに、さらに上の人物に聞くように促している。え? 何? 「大丈夫ですよ」的な一言を聞きたかっただけなんだけど。すると、奥から1人の偉いさんが出てきて、私のもとまでやってきた。 軽く挨拶をされた後、「こちらへ」と言って端のソファに案内され、名刺まで渡される始末。え? あの、なんかマズイことを聞いちゃったのかな? 名刺にはかなり責任の重い人物であることがわかる役職が書いてある。そして、「お騒がせしてしまいまして」と、お詫びの言葉を述べた後に、次のような内容の説明を受けた。以下はその内容の要約だ。 偉い人「報じられております通り、不動産融資に関して、業者の不正が発覚しました。金融庁からの立ち入り検査を受けることになりますが、検査は今回に限らず定期的に行われているものです。当行は、いわば騙された訳ですけども、検査を受けた上で、融資の審査体制を見直して参りたいと思います」 と、丁寧に説明して頂いたのである。なるほど、報じられた内容でその一部を知っていたが、こうして直に言われると、何となく状況を伺い知ることができる。そして偉い人は、こう続けた。 偉い人「融資をお考えですか?」 佐藤「あ、全然……」 トンでもございません! まさかそんな融資だなんて、私の人生には1ミリも関係ない言葉のひとつでございます……。 ・11月に検査 一般の利用者として、安心して西武信金を利用したいために尋ねただけだが、まさかお偉いさんから直々に説明を受けるとは思ってもみなかった。名刺まで渡されてしまって……。いずれにしても、11月の金融庁の立ち入り検査で、審査体制の問題点が明らかになるだろう。より安心して利用できる信用金庫になってくれることを願う。 参照元:朝日新聞 Report:佐藤英典 Photo:Rocketnews24 Source: Rocket news Japan…