パコりたい奴はアキバへ行け! 肉の万世の「パコリタン」が激ウマすぎて週8でパコりたいレベル!!

どうだい? みんな最近パコってるかい? 人生においてパコることって重要だよな? 力も沸くし、何よりパコると幸せな気持ちになるよな。個人的には週8でパコりたいところだけど、歳を取るとなかなかそうも行かなくてさ……「これじゃダメだ!」と思ってパコって来たよ、秋葉原で。

結論から言うと、パコりたいヤツは今すぐ秋葉原に行った方がイイ。なぜなら、肉の万世名物「パーコー(排骨)」と「ナポリタン」を組みわせた『パコリタン』が最高だからだ! さあ、思う存分パコりたいヤツは秋葉原へゴーゴゴー!!

・肉の万世はパーコー推し

ハンバーグ、ステーキ、しゃぶしゃぶ、すきやき、焼肉……などなど、肉料理なら何でもござれの肉の万世。秋葉原の「肉の万世」はその総本山で、地下1階から地上10階まで全てのフロアで肉料理が堪能できる “肉のデパート” である。

その肉の万世が数年前から密かに推しているのが「パーコー」だ。豚肉をカラリと揚げたパーコーは、味とボリュームを兼ね備えた一品で、肉食系人間たちから高い支持を得ている。肉の万世では「パーコー麺」や「パーコーつけ麺」などを展開し、今ではラーメン部門の看板メニューとなっているのだ。だがしかし……。

さらにガツンと濃厚にパコりたいならば『パコリタン』をオススメしたい。パコリタンとは肉の万世が商標登録しているオリジナルメニューのことで、熱々の鉄板の上で焼かれたナポリタンにパーコーをのせた「男がむさぼりつきたくなるグルメ」である。

・月水金限定

これは是が非ともパコりたい……! 若いころと比べたらやや揚げ物がきつくなってきたが、それでもパーコーとナポリタンなんでウマいに決まってる!! というわけで、肉の万世3階フロアにて月・水・金限定で提供されている「パコリタンランチ(税込み950円)」を注文した。

10分ほどでやってきたパコリタンは、ツヤツヤのナポリタンにドーンとパーコー、さらには鉄板のチリチリとした音も相まって食べる前からウマい。フォークで口に運ぶと……。

やっぱり……ンマイ! ナポリタン単体の味は言うまでもなく、鉄板でところどころにできた “おこげ” がまたウマい。薬味のネギと青じそもいい仕事をしており、重くなりがちな料理のアクセントになっていた。

もちろんパーコーも最高だ。ジューシーなパーコーをどれくらいのペースで食べ進めるかはあなた次第。「ナポ・パーコー・ナポ」とパコってもいいし、「ナポ・パーコー・パーコー」とパコパコしてもいい。いずれにせよ、至福の時が訪れることは間違いないハズだ。

冒頭でもお伝えした通り、人間はパコると幸せな気持ちになる。「最近、パコってないなぁ」という人はもちろんのこと「パコったことがない」という人にも、肉の万世のパコリタンがオススメだ。

参考リンク:肉の万世
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply