前後2眼カメラに防水防塵耐衝撃の格安スマホ「Vernee V2 Pro」レビュー、ドコモ回線対応で2万円台に


防水防塵耐衝撃に18:9ディスプレイ、2眼カメラ×2という、なかなかユニークなタフネススマホが2万円台でHuawei P20 liteよりも安い価格で販売されています。詳細は以下から。

これが「Vernee V2 Pro」の外箱。サクサク中を開けていきます。


中にはVernee V2 Pro本体、マニュアルや保証書、9V/2Aの急速充電対応ACアダプタ、USB Type-Cケーブル、Type-C-ヘッドホン変換コネクタなどが封入されています。

ACアダプタは変換コネクタを噛ませる仕組みです。

それではさっそくVernee V2 Proを解説。ゴリラガラス採用の5.99インチフルHD+(2160×1080)液晶にMediatek Helio P23、6GB RAM/64GB ROMを備えたAndroid 8.1スマホです。流行の18:9ディスプレイによって、タフネススマホにもかかわらず画面占有率81.3%を実現しています。

ホーム画面はこんな感じ。ごくごく普通のAndroidスマホなので、特に操作に困ることはありません。

前面にF2.2、800万画素+500万画素カメラを搭載し、顔認証の精度を向上。前面2眼カメラのタフネススマホというのは、なかなか珍しいのではないでしょうか。

背面にはF2.0、1600万画素+500万画素の背面カメラと指紋センサー、6200mAhの超大容量バッテリーを搭載。

実際に触ってみたところ。レスポンスは悪くなく、いたって普通のAndroidスマホといったところ。

背面に小さいドットをあしらったことで、手から滑り落ちにくいのも特徴です。

右側面には電源、音量ボタン


左側面にはSIMカード、SDカードスロットとスクショボタンがあります。

底面にはUSB Type-C端子。防水性能のためキャップを採用しています。

サイドには落下時の衝撃を抑えられるような構造を採用。1000回の落下テストに耐え抜いています。


Vernee V2 ProはIP68の防水防塵性能やマイナス30度~60度で動作する高耐久性を実現。試しにお風呂に落としまくってみましたが、特に問題なく動作しました。

また、対応バンドや対応通信方式が広いのもVernee V2 Proの特徴。3G(CDMA2000:BC0/BC1、W-CDMA: B1/2/4/5/8)および4G(FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20、TD-LTE:B34/38/39/40/41)をカバーしているため、ドコモやソフトバンクのプラチナバンドLTEを活用できます。

以下の通販サイト「Tomtop.com」での価格は期間限定で2万7689円。「最新トレンドをバッチリ押さえた防水対応の格安タフネススマホ」という、珍しい一品となっています。
Vernee V2 Pro IP68 4Gスマートフォン6200mAh ブラック – Tomtop.com

・関連記事
Huawei P20 liteと真っ向勝負できて1万円台、衝撃の超格安スマホ「Lenovo S5」 | BUZZAP!(バザップ!)
売り切れ相次ぐ大人気格安スマホ「Huawei Honor 10」値下げして再販、P20 Proと同じ処理能力に本格2眼カメラ搭載 | BUZZAP!(バザップ!)
Surface Proと同性能の「Cube Mix Plus」、ついに3万円台前半(Surface Goの半額)に | BUZZAP!(バザップ!)

【前後2眼カメラに防水防塵耐衝撃の格安スマホ「Vernee V2 Pro」レビュー、ドコモ回線対応で2万円台に】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply