中国で電動スクーターが充電中に爆発炎上、部屋がとんでもないことに


「軽く火を吹いた」程度の話ではありませんでした。詳細は以下から。

中国・北京の一般家庭の様子。電動スクーター(画面右側)を充電していたところ、突然プラグから煙が上がり始めました。

所有者の男性がケーブルを抜こうとするも、煙は勢いを増すばかり。

危険を感じ、ソファに座っていた娘と犬を連れて部屋を抜け出す男性。

煙がすぐさま部屋中に立ちこめたかと思いきや……

閃光が部屋を包み込み、爆発炎上。


その勢いは部屋が真っ白になるほど。リチウムイオンバッテリーの爆発はすさまじいものがあります。

なお、リチウムイオンバッテリーが炎上した際に出る煙は非常に有毒。電動スクーターはバッテリー容量が大きいだけに、その煙や有毒物質の量も相当なものです。

一部始終を収めたムービーはこちら。バッテリーが爆発炎上した時のための解説もあります。

【中国で電動スクーターが充電中に爆発炎上、部屋がとんでもないことに】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply