【大発見】セブンの『蒙古タンメン中本 北極ラーメン』は「極辛オイル」を入れずに食べるとちょうどいい辛さでウマい

セブンイレブンの人気カップ麺「蒙古タンメン中本」シリーズに夏季限定で登場した『北極ラーメン』。言わずもがな、激辛で有名な「中本」の中でもっとも辛いラーメンである。記事でもお伝えした通り、その辛さは凶悪極まりないものだった。

辛さのキーを握っているのは、付属の「極辛オイル」で間違いないだろう。なにせ「極辛」だ、辛いに決まっている……いや待て。ならば、この「極辛オイル」を入れずに食べたらどうなるんだ? そう思い試した結果、驚きの事実が明らかになった。

・辛すぎる『北極ラーメン』

『蒙古タンメン中本 北極ラーメン』を食べた時のことを思い出そうとすると、真っ先に出てくる記憶は「痛い」である。スープが絡んだ麺をすすった時の、針で刺すような痛み。つまり、痛いくらい辛かったということだ。

もちろん味は抜群にいいので、最終的に完食してしまった私(あひるねこ)。しかし、その後ちょっと具合が悪くなってしまった。どうやら辛すぎて胃がびっくりしてしまったらしい。ネットを見てみると、辛すぎてギブアップした人は多いようである。無理もない。

・アレを入れずに食べる

そんなあなたにオススメしたいのが、これからご紹介する「中本」の新たな食べ方だ。まずは普通にお湯を入れて5分待つ。

本来ならばここで付属の「極辛オイル」を投入するところだが、今回はあえて無視しよう。貧乏性な人は、入れないと損をしているような気分になるかもしれない。しかし、ここはぐっと我慢だ。

あとは箸でかき混ぜ……。

完成である。

真っ赤なスープ。見た目は普通の「中本」だ。さっそく食べてみると……うわーーーッ! 辛ァァァァァアアアアアアア……

すぎない。

辛いが、痛いほど辛いというわけではない。「中本」ならではの辛さをしっかりと味わえつつも、辛さ自体は幾分マイルドになっているのだ。まさに、ちょうどいい辛さというやつである。

・程よい辛さでウマい

編集部一の「中本」ファン・和才によると、辛さ的にはお店で食べる通常の『蒙古タンメン』よりも控えめだという。だが、辛さとウマさのバランスがいい塩梅になっておりウマいとのことだ。

あまり辛さに強いわけではない私から言わせてもらうと、辛くないわけではまったくない。辛いは辛いのだが、おいしく食べられる絶妙な辛さという感じだ。完食しても、具合が悪くなることも特になかった。

・試してみて!

この食べ方に対し、「『北極ラーメン』じゃなくて普通の『蒙古タンメン』食べればよくね?」というツッコミもあるかもしれないが、だって、『北極ラーメン』食べたいやん? 限定の方がなんかええやん? とにかく、「中本」は好きだけど辛すぎるのはちょっと……という人はぜひ試してみて欲しい!

参考リンク:セブンイレブン「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply