Bjork(ビョーク)がまだ10代だった1980年代前半の貴重な写真


世界中に熱烈なファンを持つ歌姫の若かりし日の姿です。詳細は以下から。

今や説明するまでもないほど世界的に有名なアイスランドの歌姫ビョーク。ヒッピームーブメントの影響を受けた両親の下に1965年11月21日に生まれたビョーク・グズムンズドッティルは「Bapsi」の愛称で呼ばれ、5歳の頃からレイキャビクの音楽学校に通い始めました。

音楽学校でピアノとフルートを習いながらビョークがシンガーとしてデビューしたのは11歳の時のこと。アイスランドの童謡などを歌ったこのアルバムはアイスランド国内で爆発的な人気となります。


ビョークはその後、アンティークショップ、本屋、レコード屋、コカコーラ工場などのバイトを転々とします。1984年のクリスマス時期には農場で働き、イースターの頃には魚の加工工場で働いています。




またビョークは13歳頃からいくつかのバンドを結成しており、パンクバンド「Spit&Snot」ではドラムを叩いていました。




この後の1986年、ギタリストのソール・エルドンと結婚したビョークは来日公演も果たした「ザ・シュガーキューブス」を結成。私達のよく知っているミュージシャンとしてのビョークのキャリアが華々しく展開されてゆくことになります。

【Bjork(ビョーク)がまだ10代だった1980年代前半の貴重な写真】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply