国語辞典に、ついに「ファイナルファンタジー」が掲載? 「奇跡」と話題に

あの「ファイナルファンタジー」が、ついに国語辞典に…。「国語辞典に奇跡が」と、そのページを紹介するツイートが話題を呼んでいます。

ファイナルファンタジーといえば、知らない人はいないレベルの国民的RPG。第一作の発売は1987年でしたが、ついに辞典にまで登場するようになったのでしょうか…。

調べてみると実際、三省堂「現代新国語辞典 第五版」の1185ページに、こんな記載がありました。

三省堂「現代新国語辞典 第五版」の1185ページより(集中線は編集部で加工)

ただ、見ればわかるとおり、これは索引部分。

たまたま「ファイナル」から始まり、「ファンタジー」で終わるページがあるという話で、「ファイナル・ファンタジー」という単語が載っているわけではありません。

(ページ全体はこちら)

三省堂「現代新国語辞典 第五版」の1185ページ

ちなみに、「ファイナル」と「ファンタジー」の説明は、それぞれ次の通りでした。

ファイナル〈名〉[final][スポーツで]決勝戦。

ファンタジー〈名〉[fantasy] (1)空想、幻想。(2)[音楽で]ファンタジア。(3)幻想的な文学作品。「—もの」

この「奇跡」。はたして偶然の産物なのか、中の人のちょっとした粋な計らいなのか…。30年も続く名作シリーズですから、編者にファンが居ても全くおかしくない、ですね。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply