「コンドームを鼻から吸い、口から吐く」 若者の危険な「チャレンジ動画」に専門家が警鐘

イメージ画像

欧米の若者がSNSに投稿している「チャレンジ動画」が物議を醸している。

いま問題視されているのは、避妊具のコンドームを鼻から吸い込み、口から吐き出すという「チャレンジ」。SNSで「いいね」や視聴回数を稼ぐための、危険性を顧みない行動に専門家は警鐘をならしている。

//www.instagram.com/embed.js

この「コンドーム吸い込みチャレンジ」は数年前にも流行していて、最近また復活した。専門家たちは、とても危険な行為だと警告している。

「(チャレンジでは)物体を鼻から通そうとしていますが、鼻は口、気管につながっています。窒息する危険があります」とアマー・アリ医師はCBSニュースに語る。

また、ロバート・グラッター医師も「鼻道や副鼻腔には、特別な細胞があります。コンドームのような物体が入ってしまうと、細胞がダメージを受け、細菌感染症や真菌感染症になる可能性があります」と危ぶむ

コンドームチャレンジのような危険な行為が、十代の若者たちの間で流行するのは珍しいことではない。2018年初めには、衣類用洗剤「タイドポッド」を噛み砕いて吐き出す「タイドポッドチャレンジ」が十代の若者たちの間で流行したばかりだ。

危険行為とソーシャルメディアの関係性を指摘する専門家もいる。

親たちにアルコールと薬物の防止を教えるスティーブン・エンリケス氏は、テキサス州・サンアントニオのテレビ局KABBにこう語る。

「最近、ティーンエイジャーたちは、いいね!や視聴回数や、フォロワーの数を増やすために何でもやります。私たち専門家は、生々しい動画ほど両親に見せないといけません。十代の若者たちはインターネットでチャレンジを探し、自分でもやってみようとするからです」

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply