【豆知識】キャッシュレス化が進む中国のマクドナルドで現金用レジが見当たらない! 現金払いをする方法はコレだ!!

いま、中国では急激にキャッシュレス化が進んでいる。支払い、ワリカン、お小遣いまで何でもスマホ決済だ。噂では現金お断りのお店もあるといい、物乞いのオジサンまで「お恵み用」のQRコードを持っているくらいだ。……楽しくなって参りました!

さて先日のこと。中国でマクドナルドに行ったら、現金用のレジが見当たらなかった。スマホ決済システムは利用までが結構手間で、短期の外国人旅行者にとってはハードルが高いもの。持っていない人も多いというのに……現金しかなかったら、どないしたらエエねん!?

・マクドナルドに行ったら現金用のレジがない

私(沢井メグ)が訪れたのは、上海の静安寺にあるマクドナルドだ。このエリアは外国人が多く、日本式の別格百貨店「久光」のほかすぐ近くの南京西路にはティファニーやグッチなど海外の有名ブランドも多く出店している。「上海の銀座」と言ってもいいエリアである。

そんなエリアのマクドナルドなので、外国人旅行者も多いのだが、店に入って驚いた。スマホ用のセルフレジがドーン! 現金用のレジが見当たらないのだ。2年ほど前は現金レジもバッチリあったのに、キャッシュレス化、ここまで進んだか!? 

店内に有人レジはあるにはあるが、「その他モバイル決済、カード払い用」という表示があるのみだ。しかも使えるカードは銀聯カードなど中国のクレジットカードだけで、VISAやマスターなど国際カードブランドいわゆる「外卡」は使えないときた! マイノリティ排斥とかマジヤメテー。

・困っていた外国人、どうするのか見ていたら……

さて、店内を観察しているとセルフレジで困っている外国人がいた。店員さんがサポートしていたが、どうやらスマホ決済が使えないようなのだ。中国のクレジットカードも持っていないらしい。

どうするのか見ていたら、店員さんが外国人客をカード用のカウンターに案内。下の引き出しを開けると……現金用レジが隠されていたのだ! なんだ、書いてないだけで現金も使えるんじゃないか~!!

案内がないのは面倒だからなのか、現金が使えなくて困る人が超少数だからなのか。とにかく積極的に案内はしていないが、一応、現金にも対応していた。

・とにかく聞いてみよう!

案内がないと「サービス自体がない」と思ってしまいがちだが、書いてないからって諦めちゃダメ! まずはお店の人に確認してみよう。中国では聞いてみると意外と融通がきくことも多い。とにかく困ったら話しかけてみるのが吉である。

さて、今回、私は見ていただけ。現金で買えるかどうか自分では試していない。というのも、セルフレジでスマホ決済を試してみたからだ。実際に使ってみたところ……これは、なかなか面白い。そのレポートは次回に続く!

Report、イラスト:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply