「森友学園の信頼性を高めるため、妻もそう理解」安倍首相が昭恵夫人の名誉校長就任の理由を大激白


安倍首相からの爆弾発言です。詳細は以下から。

◆「学園の信頼性を高め、多くの人が趣旨に賛同するかもしれない」
2017年2月17日の安倍首相の「私や妻が関係していたということになれば、これはもうまさに総理大臣も国会議員も辞めるということははっきり申し上げておきたい(動画25:53から)」という発言に関して安倍首相から極めて重大な意味を持つ発言が飛び出しました。
安倍首相は3月26日の参院予算委員会での共産党の辰巳孝太郎議員への答弁の中で、学校法人森友学園が建設を予定していた安倍晋三記念小学校の名誉校長に昭恵夫人が一時就任したことについて、学園の信用度を向上させるのが目的だったとの認識を示しました。
安倍首相は国有地売却への影響はなかったと強調しながらも「学園の信頼性を高め、多くの人が趣旨に賛同するかもしれない。妻もそのように理解していた」と答弁。
ここで重要なのは、昭恵夫人が「内閣総理大臣夫人」として名誉校長に就任することが学園の信頼性を高めること、そしていわゆる「広告塔」となることによってより森友学園の趣旨を広めるために役立つと安倍首相と昭恵夫人が認識していたということです。
安倍首相と昭恵夫人にそうした認識がある事を踏まえ、内閣総理大臣夫人付の谷査恵子氏が財務省に問い合わせた上で国有地取得に関して直接籠池元理事長にFaxを送っていたこと、その内容が後日森友学園にとって満額回答となって実現したことを考えれば、「国有地売却への影響はなかった」という認識は無理筋でしかありません。


5人の国家公務員を秘書として従えた異例中の異例の私人である「内閣総理大臣夫人」の存在自体がひとつの影響力そのものであることは言うまでもありませんが、昭恵夫人本人と夫である安倍首相がそれを理解していた以上、もはや言い逃れはできません。
◆あの森友学園の極右教育への賛同
なお、安倍首相は昭恵夫人が小学校の教育理念に「賛同して一時期、名誉校長を務めていたのは事実だ」と説明しており、つまりは児童虐待や中国・韓国へのヘイトスピーチ、教育勅語や五箇条の御誓文の朗読に安倍首相への個人崇拝を含む極右教育を行っていた森友学園の理念に賛同していたことを意味します。
森友学園 田んぼ 子供放り投げ – YouTube







こう書くと「そんな酷い教育をする悪い森友学園に昭恵夫人は騙されていただけだ!」とエクストリーム擁護が飛んできそうですが、昭恵夫人は自ら3回も森友学園を訪れて講演をしています。


また、園児たちの「安倍首相ガンバレ 安倍首相ガンバレ 安保法制 国会通過 良かったです」については国会で共産党の小池晃議員が読み上げた時には自民党席から「素晴らしい!」「正しい!」と擁護の声が上がった事は繰り返し指摘しておきます。
森友学園 安倍晋三3_1 「ある自民党・国会議員事務所の面談記録」小池晃(共産)参院・予算委員会 – YouTube

【「森友学園の信頼性を高めるため、妻もそう理解」安倍首相が昭恵夫人の名誉校長就任の理由を大激白】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply