背脂タップリのとんこつラーメンが中毒性MAX! 福岡県春日市にある「六長屋」の一杯はピリ辛仕様で超ギルティ

煮込んだ豚の背脂をスープに浮かべた「背脂ラーメン」と聞けば、思い浮かべるのは関東圏。それもそのはず、ドーンと豪快に背脂が乗った一杯は、東京を中心に流行した。おそらく、「チャッチャ系ラーメン」という呼び方を聞いたことのある人も多いだろう。

それもあって、筆者(私)の中では「背脂=東京」なんてイメージがあったが、先日まさかの九州で背脂入りラーメンを出すお店を知った。とんこつラーメンの本場・福岡県にも、背脂をタップリ入れた一杯を提供してくれるところがあったのだ。

・ベッドタウンのラーメン屋

お店の名前は六長屋(ろくちょうや)。福岡県は博多の南に位置する春日市にあり、JR大野城駅から歩いて少しのところにお店を構えていた。黄色い看板が目印となっており、一見どこにでもありそうなラーメン店ではある。ただ……

ここでは、前述したように「背脂タップリのとんこつラーメン」を味わうことができる。店内に入ると、券売機で買うスタイル……なのだが、機械の故障で直接注文するようになっていた。メニューに目を通して、背脂がドーンと乗った博多外伝(570円)なる一杯を注文。水や素材へのこだわりを書いた貼り紙を見ながら待っていたら……キタキタ、キマシタ!

・意外性の連続

視界に飛び込んでくる背脂が豪快で、見ているだけで唾液がダラダラ分泌される。とんこつラーメン店特有の匂いもあって、この一杯を見て食欲をそそられずにはいられない。このままズズズッーと無心で食べてしまいたいところだが、落ち着いてスープから一口飲んでみる。すると……おぉぉ!!

結論から言うと、意外性の連続で激ウマだ。ボブ・サップみたいなヘビーパンチを繰り出してくるのかなと思いきや、重くないしクドくもない。ピリッとした辛さが絶妙で、ついつい手が進んでしまう。しかも、程よいバランスを保ってこってりもしているという変わり種。こいつはヤバいやつだぜぇ……!

・麺とスープの相性もよし

そして麺の方も、極細でスープによくなじんで喉を気持ちよく通っていく。あまりのウマさに天井を見上げ、気がついたら自然と口から「替え玉」の言葉が出ていた。福岡県内にはいろんなラーメンがあるが、個人的にはこれまでにないタイプでトップクラスのウマさだと感じた。辛いもの好きなら間違いなくハマる一杯だ。

・超ギルティで中毒性MAX

店内を見渡した限り、すでに中毒となっているお客さんは多いのだろう。私が食事をしている時だけでも、周りからは「外伝」や「替え玉」という声がバンバン飛んで大繁盛。隣のオジさんは「いつもの」と注文し、サッと「博多外伝」が出てきたのも印象的だった。

注意するべきなのは、ニンニクも入っているので誰かと会う前は控えた方がいいのと、超ギルティな一杯は中毒になってしまうこと。ちなみに他のメニューには、外伝のほかにも博多こってりや博多あっさり(540円)、博多醤油豚骨の徳島風味(570円)、期間限定で味噌豚骨(590円)なんかもあった。外伝を我慢して、今度それらも試してみよう。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 六長屋
住所 福岡県春日市春日公園2−60
時間 11:00〜15:00 / 17:00〜21:00
休日 不定休

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply