携帯キャリア事業参入を目指す楽天、中部電力の設備も借りて基地局展開へ


「ドコモの1年分の設備投資で全国に携帯電話網を敷設する」という事業計画のもと、東京電力から鉄塔や電柱を借りて基地局を展開することになった楽天が、中部電力の設備も活用することになりました。詳細は以下から。

楽天のプレスリリースによると、同社は携帯キャリア事業用基地局の設置にあたり、中部電力が保有する電力設備(送電鉄塔、配電柱、通信鉄塔、建物屋上など)を活用することを決定したそうです。
これは楽天が割り当てを申請している第4世代携帯電話(4G)用の1.7GHz帯および3.4GHz帯を用いた基地局を、中部電力が中部エリアを中心に保有する送電鉄塔、配電柱、通信鉄塔、建物屋上などに設置するというもの。
周波数の割り当て先が発表されるのは2018年3月末ですが、特に1.7GHz帯は世界で活用されているため、端末調達のコストを削減できる強みもある魅力的な周波数帯。
割り当てられているものの東名阪でしか使えないドコモ、イー・モバイルを吸収したことで手に入れたソフトバンク、そもそも割り当てられていないKDDI、大手キャリアも虎視眈々と狙っているわけですが、はたしてどう割り当てられるのでしょうか。

【携帯キャリア事業参入を目指す楽天、中部電力の設備も借りて基地局展開へ】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply