森友文書改ざん問題、7カ月沈黙の籠池氏は何を語る? 野党議員が発覚後はじめて接見へ

籠池泰典氏

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却をめぐる問題で、大阪拘置所に勾留されている前理事長の籠池泰典被告(65)=詐欺罪で起訴=と野党の衆院議員らが3月23日に接見することになった。共同通信などが伝えた。

学園への国有地売却をめぐっては、財務省作成の複数の決裁文書で改ざんが発覚。籠池氏逮捕で一つの節目を迎えていたこの問題が再び注目を集めている。

野党側は改ざんによって名前の記載が削除された政治家や安倍晋三首相の妻昭恵氏が、売却に関与したのかについて籠池氏に確認するとみられる。

共同通信によると、接見は23日午後4時ごろから約15分間。時事ドットコムによると、この日は立憲民主党の川内博史、希望の党の今井雅人、共産党の宮本岳志の3衆院議員が接見し、26日には民進、自由、社民各党の参院議員が面会するという。

27日には改ざんのキーマンとされる佐川宣寿・前国税庁長官が衆参両院の予算委員会で証人喚問される予定。その前に接見が実現することで、野党側にとっては佐川氏に突きつける「材料」を手にする形になる。

NHKニュースによると、学園への国有地売却をめぐり、財務省の決裁文書が改ざんされていた問題で、野党6党は真相解明に必要だとして、大阪地裁に籠池被告との面会を申請。22日になって地裁側から認める連絡があったという。

7カ月間、籠池氏の声なく

籠池氏は、国から売却を受けた土地に小学校の建設を計画。その際、国の補助金をだまし取ったとして2017年7月、妻とともに大阪地検特捜部に逮捕された。8月には学園が運営する幼稚園に交付された府の補助金をだまし取った容疑でも再逮捕。いずれも大阪地裁に起訴されたが、勾留は現在も続いている。

https://scdn.line-apps.com/stf/line-news/js/thirdparty/banner2.js


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply