【永久保存版】『トイストーリー3』を10倍楽しむためのトリビア16連発

泣ける映画といえば? タイタニック? きみに読む物語? 確かに泣ける映画はいろいろあるが、子どもと一緒に観れて、大切なものを思い出させてくれる泣ける映画といえば、やっぱり『トイストーリー3』だ! 

2018年3月23日、あの不朽の名作『トイストーリー3』が「金曜ロードSHOW!」で放送される。どうせ観るなら、より楽しみたい! 細部に隠されたバックストーリーを知って、とことん楽しみたい! という人もきっと多いだろう。

・トリビアを知れば、もっと楽しめる!

そこで同作を10倍楽しめるように、ディズニー・ピクサーが好きすぎて浦安に引っ越してしまった筆者が『トイストーリー3』トリビアを16連発でご紹介したいと思う。

以下で紹介するトリビアのなかには、都市伝説的に語られているものもあり、「そういうふうに言われてるものもあるんだ。へえ~」ぐらいの心構えで読んでいただきたい。なお( )内の数字は、トリビア該当箇所が画面に映るBlu-ray版での再生時間。テレビ放送でトリビア箇所を見つける際の参考にしてみてくれ。

それでは、遊び心とサプライズが詰まった『トイストーリー3』のトリビア、バンバン紹介していくぞ!

・『トイストーリー3』トリビア16連発

1. 映画冒頭に登場する機関車の様々な箇所に、数字の「95」が書かれており、これは1作目の『トイストーリー』が公開された年「1995年」を意味しているのではないかといわれている。(2:25~)

2. バズの顔は、トイストーリー・シリーズの監督や製作総指揮を務めるジョン・ラセターがモデル。

3. アンディのお母さんエミリーは、ジェシーのもともとの持ち主だといわれている。よく見ると、アンディが子どものときに被っているカーボーイハットは、ジェシーデザインのもの。(5:05~ / 大事にしていたジェシーのカーボーイハットを、アンディにあげた?)

ちなみに『トイ・ストーリー』の原案担当のピート・ドクターは、「その噂は本当のバックストーリーとちょっと違う」と、海外メディア「Entertainment Tonight」のインタビューのなかで答えている。

4. ビデオに映るアンディの部屋に、ミッキーがプリントされた大きな腕時計がかかっている。(5:06~ / 壁の右上の方にある)

5. アンディの部屋のドア上に、「W. Cutting」と書かれた標識がある。W. Cuttingは、ピクサーの最初のスタジオがあったストリートの名前。(7:30~)

6. アンディのおもちゃ箱に、映画『ファインディング・ニモ』の主人公ニモのシールが貼ってある。(9:09~ / 幌馬車の車輪部分に貼ってあるシール)

7. アンディの部屋に、映画『カーズ』のスノットロッドが印刷されたカレンダーが飾られている。(11:05~ / テレビ右上にあるカレンダー)

8. アンディの部屋に、製作中止になりお蔵入りしてしまったピクサー作品『ニュート』のシールが貼ってある。(13:03~ / ダーツの横の黄色いシール)

9. ゴミ収集車の作業員は、1作目の『トイストーリー』に出てきた悪ガキ “シド・フィリップス”。(16:07~ / 1作目と同じドクロマークのTシャツを着ている)

10. お母さんのエミリーが運転する車のナンバープレートの番号は「A113」。これはピクサーのクリエイターの多くが通ったカリフォルニア芸術大学の教室番号。(18:27~ / この番号はピクサー作品によく出てくる)

11. サニーサイド保育園のおもちゃのなかに、映画『ファインディング・ニモ』のエイ先生のおもちゃがいる。(21:10~ / 画面左の棚の真ん中あたり)

12. ロッツォは、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』に一瞬だけ登場している。

13. 園内に駆け込んでくる男の子が、映画『カーズ』の主人公マックイーンのTシャツを着ている。(32:29~ / 緑ブチのメガネをかけた赤毛の男の子が着ている)

14. バズの背中に入っている電池のメーカーは、映画『ウォーリー』の主人公ウォーリーを作った巨大企業 “BnL社”。(43:30~)

15. 絶望の淵に立たされたロッツォたちが乗っている車は、1作目でリトルグリーンメンたちがいたピザ屋「ピザプラネット」のバン。(51:25~)

16. エンドロールの前に映し出される青空は、1作目の最初に映し出されるアンディの部屋の壁紙そのもの。(1:34:04~)

いかがだっただろうか? トリビアの数の多さと細かさに、ちょっと驚いたのではないだろうか?

ちなみに『トイストーリー3』を観た後に、1作目の『トイストーリー』を観ると、アンディがウッディと楽しそうに遊びまわる冒頭のシーンで涙が止まらなくなる。今回『トイストーリー3』を観て、すごく感動したという人は『トイストーリー』『トイストーリー2』もぜひ観ていていただきたい。

・『トイストーリー4』が2019年に全米公開

それからそれから、トイストーリー・シリーズの続編となる『トイストーリー4』が2019年6月に全米公開される予定だ。内容は「ウッディとボー・ピープのラブストーリー」と発表されており、『トイストーリー3』で登場しなかったボー・ピープにまた会えるぞ!

これまでも、そしてこれからも観る人に感動と笑顔を与えてくれる映画『トイストーリー3』。時が流れても~♪ 変わらないもの~♪ それはトイストーリーの偉大さ~♪

参照元:Entertainment Tonight
執筆:田代大一朗
Photo:Rocketnews24.


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply