成人ではニューロン新生は起こらない

これまでの証拠からは、成人にも神経前駆細胞は存在し、完全成熟後も海馬で新たなニューロンが産生され続けていると示唆されてきた。

今回、A Alvarez-Buyllaたちが、この考え方を再検討したところ、異なる結論に至った。

従来の研究で解析された対象よりも多数かつ網羅的にヒト海馬標本を用いて解析した結果、出生後早い時期には新たなニューロンの産生があるという証拠が得られたが、海馬での神経発生率は、出生後数年の幼児期のうちに急速に低下することが分かった。

成人では新しいニューロンの産生を検出することはできなかった。これと同様な神経発生のパターンは、アカゲザル(Macaca mulatta)でも見られた。

Nature555, 7696

原著論文:

Human hippocampal neurogenesis drops sharply in children to undetectable levels in adults

doi: 10.1038/nature25975

【関連記事】

渇きを知る

Nature 555, 7695 

脳血管細胞の分子地図

Nature 554, 7693 

バースト活動と抗うつ薬の関係

Nature 554, 7692 

感覚履歴はどのように行動に影響するか

Nature 554, 7692 

ドーパミンニューロンが次の運動を生み出す仕組み

Nature 554, 7691 

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply