改ざん前決済文書から安倍昭恵夫人の「いい土地ですから、前に進めてください」発言も削除→関与が確定


財務省の改ざん前の文書に安倍昭恵夫人の名前と発言が掲載されていたことが判明しました。これで関与が確定です。詳細は以下から。

森友学園を巡る財務省の決裁文書が改ざんされていた問題で、3月12日の午後に開かれた参院予算委理事懇談会で、財務省の決裁文書改ざん問題についての調査報告が提出されました。

この際に提出された報告書を山本太郎議員がツイッターに掲載していますが、そこには安倍昭恵首相夫人の名前がありました。

しかも単に名前があるだけではなく打ち合わせの際に「本年(編集部注:2014年)4月25日、安倍昭恵総理夫人を現地に案内し、夫人からは『いい土地ですから、前に進めてください。』とのお言葉をいただいた」との発言あり」との記述がありました。この際に「森友学園籠池理事長と夫人が現地の前で並んで写っている写真を提示」とあります。

籠池元理事長は2014年4月25日に昭恵夫人を学園の幼稚園での講演に招いており、この際、昭恵氏を建設予定地に案内して一緒に記念写真を撮っています。
籠池元理事長は上記決裁文書の近畿財務局との土地取引の交渉で、財務局側から「見せてくれ」と求められて写真を渡し、担当職員は「コピーを取って局長にみせる」と発言しています。籠池氏は「(支援を)わかってもらわないと(いけなかった)」と話しており、上記の写真と発言はこの時のものと考えて差し支えありません。
昭恵夫人は幼稚園での講演で、安倍首相を讃える園児らの言葉に感涙を流し、安倍首相に伝えますと明言しています。


そして籠池元理事長は園児らに「安倍晋三記念小学校をお願いします!」と深々とお辞儀をさせています。

この模様は動画で以下から閲覧できます。

ただ単に昭恵夫人の名前が決裁文書にあったという話とは全く次元が違うことをご理解いただけたでしょうか?
2014年4月の幼稚園での講演から小学校建設予定地の視察、そして近畿財務局との交渉に至る流れを見れば、決裁文書に昭恵夫人の「いい土地ですから、前に進めてください。」という発言や、親密さを示す写真の提示というエピソードまでが盛り込まれた意味がこれ以上無いほどによく分かります。
さて、安倍首相の「私や妻が関係していたということになれば、これはもうまさに総理大臣も国会議員も辞めるということははっきり申し上げておきたい(動画25:53から)」という発言をここでもう一度見てみましょう。

これに加えて決裁文書では籠池元理事長を「日本会議大阪に関与」と紹介した上で、関連の日本会議国会議員懇談会を「副会長に安倍晋三総理らが就任」と説明した部分も削除されていた事も報じられています。いったいなぜ改ざん前の決裁文書にこうした籠池元理事長と安倍首相のバックグラウンドの近さを示す文言が盛り込まれ、そして改ざんの際に削除されたのかを考えれば、その答えはひとつしかありません。
もはやどのように取り繕っても、安倍昭恵夫人がこの件に関係していたことを否定することはできません。安倍首相には自らの言葉に潔く従って「最高責任者」らしく責任を取っていただかなくてはならないでしょう。

【改ざん前決済文書から安倍昭恵夫人の「いい土地ですから、前に進めてください」発言も削除→関与が確定】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply