太陽の塔の内部公開、入館予約開始と共にアクセス集中でサーバーダウン


予想どおり、大勢が待ち望んでいたことが分かる結果となっています。

岡本太郎がデザインし、日本万国博覧会(EXPO’70・大阪万博)の会場に聳え立った太陽の塔。万博終了後も残され、21世紀になった今も太陽の塔を見るために万博公園を訪れる人は後を絶ちません。
万博開催中はパビリオンのひとつとして塔の内部に入ることができたものの、その後は長く非公開とされてきており、岡本太郎ファンを筆頭に再公開を求める声が耐えませんでした。

Photo by Wikipedia
そんな太陽の塔で2016年10月から耐震補強などの改修工事を実施されており、2018年3月19日から常時公開が決定。入館予約の開始初日となる本日1月19日、アクセス集中によって受け付け用オフィシャルサイトのサーバーがダウンし、アクセスできない状況が今も続いています。

担当者によると復旧のめどはたっておらず、しばらく待ってほしいとのこと。本来であれば先着順で4ヶ月先まで予約できる予定で、午前10時から午後5時まで30分ごとに80人ずつが入館可能となるため、1日に1120人が見学することができます。
サイトが復旧したとしても人気である事には変わりがないため、週末や長期休暇シーズンを中心になかなか予約が取れない事になりそうです。
大阪万博シンボル「太陽の塔」内部公開、入館予約サーバーダウン – 産経WEST

【太陽の塔の内部公開、入館予約開始と共にアクセス集中でサーバーダウン】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply