レスキュードローンが溺れかけた男性2人を配備当日に救助、オーストラリアにて


極めて迅速な救助だったことがよく分かります。詳細は以下から。

現在夏真っ盛りのオーストラリア。人気観光地のバイロンベイから程近いレノックスヘッドと呼ばれるビーチで高波に飲まれて往生していた2人の男性がドローンによって救助されました。
今回救助に使われたドローンはLittle Ripper社のUAVというシリーズのもの。現場に急行して救命胴着を2人の男性に向けて投下する動画が公開されています。
The world’s first surf rescue by drone – YouTube

このドローンはニューサウスウェールズ州政府が出資したトライアルプログラムの一環として配備されたもので、実際に配備された当日にこの成果を挙げています。
ライフガードの責任者のJai Sheridan氏は取材に対し「このドローンは驚くほど効果的だ。私が操縦して要救護者のところまで飛ばして救命胴着を投下するまでに1~2分しか掛かっていない。通常ならライフガードの隊員が現場に到着するまであと数分掛かっていたはずだ」と語っています。
数分の違いが生死を分ける海難レスキューにおいて、ドローンの持つフットワークが最大限に活かされた形となっています。今後レスキューの場面でのドローンの活躍は当たり前の光景になっていくのかもしれません。
Rescue Drone Drops a Lifesaving Flotation Device to Help Two Stranded Swimmers Get Back to Shore

【レスキュードローンが溺れかけた男性2人を配備当日に救助、オーストラリアにて】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply