センター試験の日、非常に強い寒気が襲来 寒さ対策しっかりと

12日11時の気象衛星画像

今年のセンター試験は雪と寒さによる交通機関の乱れと体調管理にご注意ください。14日日曜日にかけて非常に強い寒気が居座り、日本海側を中心に断続的に雪が降る予想です。日中も厳しい寒さで、降る雪はさらに積もりそうです。

センター試験初日も日本海側を中心に雪

東北地方では、あす13日土曜日も冬型の気圧配置が続くでしょう。非常に強い寒気が居座り、日本海側を中心に断続的に雪が降る予想です。降雪や路面凍結による交通障害にご注意ください。特に受験生は、時間にゆとりを持った行動を心がけましょう。

最低、最高気温ともに平年より低いところが多く、降った雪は積もりそうです。厳しい寒さが続きますので受験生の皆様は暖かい服装でお出かけください。また、水道管の凍結にも十分にご注意ください。

センター試験2日目 朝の雪かき時間を多めに

東北地方では気圧の谷の通過に伴い、13日夜から14日朝にかけて日本海側を中心に、雪の降り方が強まるでしょう。さらに雪が積もりそうです。出発前の雪かきの時間を十分に取れるよう、朝の準備は予定時間より早めに開始するのが安心です。

午後は次第に冬型が緩み、西から高気圧に覆われるでしょう。このため日本海側でも次第に雪がやんで、夜は晴れるところ多くなりそうです。

最低、最高気温ともに平年より低いところが多い予想です。室内では暖房からの距離や座席位置、空調の具合などにより、暑かったり寒かったりと室温の調節が難しいことあります。脱ぎ着しやすい服装で試験に集中できる環境を整えましょう。

厳しい寒さ 緩むのは15日月曜日

高気圧は足早に東海上に移動して、前線が北日本付近を通過するでしょう。このため東北地方では天気は下り坂で、午後は日本海側や北部を中心に雨や雪が降るでしょう。お出かけには雨具をお持ちください。

最低気温は平年より低いところが多く、朝は放射冷却の影響でグッと冷え込むところが多いでしょう。水道管や路面の凍結にご注意ください。最高気温は、南から暖かい空気が流れ込む影響で、平年より高いところが多い予想です。厳しい寒さは一旦和らぎそうです。ただ、標高の高いところでは、なだれにお気をつけください。

最新の天気予報は、tenki.jpでご確認ください。

(2018年1月12日 13時0分)

関連リンク

現在の積雪深

現在の気温

実況天気

佐藤 理恵子

[日本気象協会東北支社]気象予報士

仙台市在住

 仙台生まれの仙台育ち、第2の故郷は山形で、生粋の東北人です。東北で生まれ育った肌感覚を生かしながら、東北人の視点で、お天気のことをよりわかりやすく、より身近な話題でお伝えできればと思っております。

 私生活では、旅行好きな一歳児の母。各地のお城や鍾乳洞を巡りながら、歴史上の人物や、地球の歴史に思いを馳せることが大好きです。また、趣味のフラワーアレンジメントは、習い始めて15年以上。生花を生けながら、季節の移り変わりを感じています。

ハフポストの記事をもっと読む

誰もが1万円から、新興国に投資できる。そんな仕組みをつくった元エリートたちの話。[Sponsored]


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply