AIと人工ペニス搭載の男性型セクサロイド、年内に発売へ


セクサロイドは女性型だけではないのです。詳細は以下から。

BUZZAP!では昨年、性欲をもてあます男たちがエレクトロニクス系見本市という公共の場で女性型セクサロイドを弄りすぎて破壊するという愚かしい事件について報じましたが、男性用セクサロイドも登場し、「ロボットとのセックス」はより私たちの生活に近づいてきました。
Realbotix社のCEOであるMatt McMullen氏は年内にも同社が男性型セクサロイドを発売することを明らかにしました。McMullen氏は日本でも知名度の高いリアルドール社で20年に渡ってシリコン製のラブドールを開発してきており、昨年には女性型セクサロイドのコンセプトモデルであるHarmonyを公開しています。
HarmonyはAIを搭載し、複数の表情を表現し、瞬きをしたり頷くなどの反応が可能。喋ること場に合わせて口を動かすなどのきめ細かな動きを行う事も可能です。プレセールスでの値段はカスタマイズ次第ですがおよそ15000ドル(約170万円)とのこと。
Harmony, The First AI Sex Robot _ San Diego Union-Tribune – YouTube

My conversation with an AI sexbot – YouTube

現在男性型セクサロイドには名前は付けられていませんが、基本的な会話や反応といった機能を持ちつつ男性的な筐体と男性的な声、そして人工ペニスを搭載することになります。なお、皮膚や目の色、髪型などに加えて人工ペニスのサイズもお好みどおりにカスタマイズ可能です。
現時点では人工ペニスが振動したりうねったりするのかは不明。正常位などでのピストン運動の可否についても明確にはされていません。物足りないと感じる方もいるかもしれませんが、使用者が満足する前に勝手に終了してしまうという事態が発生しない事に関しては人間の男性に勝ると言えそうです。
同社はHarmonyを作った時は「女性をモノとして扱っている(objectifying women)」という批判も受けたとのことですが、McMullen氏は「私たちは男性型と女性型の双方に等しく関心を持っている」「人々は我々が女性型だけ作っていると思い込みがちだから男女双方に提供することは大切だ」と取材に答えています。
実際にAI搭載で会話のできる男性型セクサロイドに興味をもって購入を考えている女性客も多いとのこと。またMcMullen氏は同社の製品を顧客らが単に性的な目的のためだけに使っているわけではないとし、「単なる性的玩具を超えたものだ」と述べています。
森見登美彦の「四畳半神話大系」でもラブドールを愛する人物が登場しましたが、既にAIが家族や子どもを欲し、女性の権利を主張し、自ら子どもを作ってしまう時代が来ている以上、「人ならざる存在への愛情」という問題も「ロボットとのセックス」以上に身近なものになってくるのかもしれません。

Male sex robots made by RealDoll coming in 2018 as demand skyrockets _ Daily Star

【AIと人工ペニス搭載の男性型セクサロイド、年内に発売へ】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply