全方向性の極めて俊敏で精密なドローン「Omnicopter」が開発、キャッチボールまで可能


投げたボールも簡単にキャッチできる驚きのドローンが開発されています。詳細は以下から。

ドローンの性能の進化についてはBUZZAP!で何度も報じてきていますが、これまでのドローンの常識すら覆す機能を実装した新型が開発されています。
この全方向性ドローンはスイスのエンジニアDario Brescianiniさんとチューリッヒ工科大学のRaffaello D’Andrea教授が共同で開発したもの。全方向性(omni-directional)であることから「Omnicopter」と名付けられました。

Omnicopterは8つのプロペラと立方体の骨組みからできており、3次元空間のX軸、Y軸、Z軸全ての方向に対して極めて俊敏かつ精密に飛行が可能。

動画での解説はこちらから。
The Omnicopter – YouTube

さらには軌道計算機能を実装しているため、投げたボールを取り付けられた自動的に網で捕獲するという離れ業も披露してくれます。この軌道計算機能は秒間50万通りの軌道計算を行えるとのことで半端な能力ではありません。

キャッチボールの動画は以下から。
Fetching Omnicopter – YouTube

人間の能力を遙かに超える計算を行いながら俊敏かつ精密な動きを実現しており、応用の幅は限りないものとなりそうです。
The Omnicopter, A Super Agile Omni-Directional Drone That Can Play Catch With a Ball

【全方向性の極めて俊敏で精密なドローン「Omnicopter」が開発、キャッチボールまで可能】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply