【南極冒険20日目】すでに300kmを踏破 / 荷物も約25kg減でさらに加速するか?

南極点に向けて無補給単独徒歩を続ける荻田泰永(おぎた やすなが)氏の冒険も20日目を終了した。スタート地点からすでに300kmを歩き、標高差300mを登っている。最新の状況についてお伝えしよう。

・荻田氏からの定期連絡(日本時間 12月7日)

現在地:82度44分 西経:80度06分
この日の移動距離:22.6km
標高:1057m
天候:晴れ
気温:マイナス15度

・天候もコンディションも良好

この日の天候は晴れ。吹き下しの風も弱く、「気持ち良く歩けた」と荻田氏は伝えている。その言葉があらわすように、移動距離はもっとも長い22.6kmを記録。コンディションも良さそうだ。

・荷物はどんどん軽くなる

さらに、20日間の冒険で荷物も随分軽くなってきているらしい。「スタート時と比較して25kgは軽くなっているのではないか」と本人は語っている。日を追うごとに、さらにソリは軽くなっていく。さらなるスピードアップが期待できそうだ。

・お悩み相談の回答

では、荻田氏のTwitterに寄せられた「お悩み相談」の回答を紹介しよう。

相談「やりたい仕事が見つかりません どうすればよろしいでしょうか?」

荻田「働かなくてもいい道を模索してみたら?」

相談「荻田さんの他に何か生き物はいますか?」

荻田「なーーーーーーんにもいません。バクテリア、ウイルスレベルで」

相談「マッキンリーで行方不明になる直前、冒険家の植村直己さんは何を考えていたと思いますか? また、植村直己さんの失踪に関して謎が残されたままであると思うので、今回の冒険が終わったら、盟友の角幡唯介(かくはた ゆうすけ)さんとともに、植村直己さんの失踪の謎を解明する冒険に出ていただけませんか?」

荻田「植村さんが何を考えていたかはわからないですよね。植村さんの謎を解明する旅、というのはテーマとしては興味深いですね」

※南極お悩み相談
荻田氏のTwitter( @ogitayasunaga )をフォローして、「#南極お悩み相談」をつけて相談を投稿すると、荻田氏が相談に答えてくれるかも! 相談内容は日本の事務局から荻田氏に伝えられるぞ。南極大陸を歩き続ける荻田氏に、何でも相談してみよう!

協力:荻田泰永南極遠征事務局
Photo:荻田泰永, used with permission.
執筆:佐藤英典
★こちらもどうぞ → 荻田氏の「南極冒険


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply