【商売人の鏡】タカラトミーさん、昨日の『シン・ゴジラ』祭りに全力で便乗してしまう

昨日2017年11月13日、テレビ朝日で地上波初放送された映画『シン・ゴジラ』。『エヴァンゲリオン』シリーズで知られる庵野秀明監督による、去年公開の大ヒット作である。ネットでもその反響は凄まじく、放送中はTwitterがシンゴジラについてのツイートで埋め尽くされていた。

そんなシンゴジラ祭りに、全力で便乗してしまった企業がある。玩具メーカーの「タカラトミー」だ。タカラトミーは公式Twitterアカウントにて自社製品を紹介しているのだが、シンゴジラ放送のタイミングで投下されたツイートが、ひたすらに露骨で笑ってしまう。思わず「こ~の商売上手め!」と言いたくなってしまうような内容なのだ。

・タカラトミーの様子がおかしい

トミカやプラレールなど、男の子の心をくすぐる乗り物おもちゃは、タカラトミーの十八番であり看板商品だ。そのため、タカラトミーがTwitterでそういった商品を紹介するのは至極当然のことである。……が、なーんか様子がおかしいんだよなぁ。

「E231系とE233系のプラレール発売中です」

そんなコメントと共に、山手線や中央線など在来線のプラレールを画像付きでツイート。別になんてことない内容だが、このタイミングだと無人で目標に特攻する爆弾にしか見えない。そして、徐々に荒ぶりだすタカラトミーのTwitterアカウントは……。

「こういうのもありまぁああああああああああああす」

今度はクレーンを長ーく伸ばしたトミカ「日立住友重機械建機クレーン クローラクレーン」をアップ。うわ~、超巨大生物の口の中に入りそぉ~。そんでトドメに……。

「何かを凍結させるのに使えそうなトミカはこちらぁああああああああああ!!!」

シンゴジラじゃん! 絶対シンゴジラ狙ってきてんじゃん!! トミカ「コベルコ建機 超大型ビル解体専用機」を紹介するも、もはやシンゴジラのラストシーンにしか見えない。自分ら、めっちゃ便乗するな!

・作戦成功か

これ以上ないベストなタイミングで、シンゴジラに絡めた商品紹介をかますタカラトミー。その姿はまさに商売人の鏡と呼ぶにふさわしい。結果的に作戦は大成功だったらしく、なんと「瞬殺で売り切れた」とのことだ。しかし、さっきサイトを見たらすでに在庫が復活していた。こ~の商売上手め!

参照元:Twitter @takaratomytoys
執筆:あひるねこ


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply