商業写真でモデルの体型を加工したら"修正マーク"が必須に フランスで新法律が施行

商業写真のモデルの体型を、フォトショップなどの写真加工ソフトを用いて修正した場合に、「photographie retouchée(修正写真)」というマークをつけることを義務付ける法律が、フランスで施行された。体型を細くしたり、肉付けしたりといった加工に適用される。「France24」など複数のメディアが報じた。

法案自体は2016年1月に議会で可決されていたが、10月1日から施行されることになった。違反した場合には、最大3万7500ユーロ(日本円で約500万円)の罰金が課されるという。

フランス政府は、子どもたちや若者が晒されている”現実離れしたボディイメージ”を少しでも減らすための法律施行だとしている

具体的なラベルの入れ方は公開されていないが、こういうイメージになるのだろうか...。

モデルの痩せすぎや、モデルの写真加工をめぐる是非については、世界的に大きな問題になっており、フランス政府だけでなく色々な立場から施策が講じられてきた。

■フランスで痩せすぎモデルの活動を禁止する法律が施行。:記事参照

■ルイ・ヴィトン擁するLVMHグループとグッチ擁するケリンググループがタッグを組み「痩せすぎモデル」の起用禁止を宣言:記事参照

■世界最大の写真代理店「Getty」がモデルの体型について、修正加工することを禁止:記事参照

フランスでは現在、60万人が摂食障害を患い、交通事故に続いて15-24歳の死因の第2位になっている

これまでにも歌手のビヨンセや俳優のキーラ・ナイトレイらセレブリティが、細すぎるウエストのサイズや、修正後の大きな胸などに抗議してきた。

女優で歌手のゼンデイヤは2015年に修正前と修正後を比較する写真を公開し、大きな話題を呼んでいた。

//platform.instagram.com/en_US/embeds.js
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply