『希望の党』 小池百合子知事が代表に就任 「都政にとってもプラス」

小池百合子都知事(2017年9月25日)

東京都の小池百合子知事が9月25日の記者会見で、若狭勝衆議院議員らとともに国政新党「希望の党」を立ち上げると発表した。小池氏は代表に就任する。

小池知事は会見で、これまで関係が近い若狭氏や、民進党を離党した細野豪志衆院議員らと新党設立について議論してきたが、「リセットして私自身が立ち上げる。直接絡んでいきたい」と述べた。

都政については、「しっかりとやっていく。むしろ都政をより磨きをかけていく。さらにスピード感を確保していくためには国政に何らかの関与が必要。改革、保守、これらを満たす人々で新しい勢力を作り、都政にとってもプラス」になると説明。

希望の党設立後も都知事としての職務を続けると念押しした。

さらに北朝鮮問題にも言及。「国難でもあるが、経済でも世界が大きく動く中、改革と言いつつジリジリと日本の存在は下がり続けている。このままに任せておいていいのか」とし、「特区の問題についても必要だが、情報公開やお友達関係でやっている間は、特区の意味がない。そこをむしろ国政において、しっかりと代弁する勢力を確保していくことが、東京都にとってもプラスではないかと考えた」と述べた。

希望の党の政策には、「希望の政治」と題して「しがらみのない政治」「行政改革、徹底した情報公開」や、「希望の社会」の一環として「女性政策など、ダイバーシティ社会の確立」などを掲げた。

記者会見する小池知事

■安倍首相、25日夕方に解散表明へ

小池氏は「希望の塾」と名付けた政治塾を設立し、塾の出身者などから都議選候補者を擁立して「都民ファーストの会」の大勝につなげた経緯がある。

22日の都知事としての定例記者会見で新党への関与の意向について質問された小池氏は、明言は避けたものの「知事であり、かつ国政に関与しておられる例は他にもある」と、前向きな回答をしていた。

安倍晋三首相は28日に招集される臨時国会の冒頭で衆議院を解散、それに先立って午後6時から記者会見でその方針を発表する見通しとなっている。


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply