ハンバーグは手ごね不要。ハンドブレンダー料理がワイルドすぎて美味しい。

「もっと料理の時間を短くしたい」

料理家電のハンドブレンダーは、そんな日々の味方になるアイテムといえるだろう。

最新式のブレンダーを使うと、料理の観念が変わる。例えば、アボガトディップは、種を取り除かずに、丸ごと粉砕すればいいのだ。

皮をむいたアボカドを、種をむかずに容器に入れても、ハンドブレンダーであっという間に細かくなってしまった。ワイルドで新しすぎる。

これは、20日に都内で行われたブラウン社のハンドブレンダー新商品「マルチ クイック 9」シリーズ発表会での一幕だ。

この日は料理家の川上ミホさんとモデルの近藤千敬さんが、実際にステージ上で「時短のフルコース料理」を披露した。

(左)料理家の川上ミホさん(右)モデルの近藤千敬さん

メニューはこんな感じ。

・アボカドディップと野菜のトルティーヤ

・ビシソワーズ

・きのこ入り煮込みハンバーグ

・ティラミス

ハンバーグ、かたまり肉と材料入れてプッシュするだけ

ハンバーグもあっという間だ。かたまり肉、パン、たまご、牛乳、ナツメグなどハンバーグの調味料を全部入れて…

ブレンダーのボタンを押すだけで…

30秒くらいでハンバーグの種ができてしまった。

あとはレンゲすくってフライパンの上へ。形を整えて焼くだけ。みじん切りも不要で、種の空気を抜かなくてもいいので、手は汚れない。ボールなどの洗い物もない。

ホールトマトを使ったソースも、ハンドブレンダーですぐにできてしまった。ヤバい。

種ごと粉砕しちゃう、アボカドディップ

皮をむいたアボカドを、種をむかずに容器に入れても、ハンドブレンダーであっという間に細かくなってしまった。いつも種を出すのは面倒だったのに。

ヨーグルトとライム、塩を加えて、もう一度ボタンを押して、完成。

他のメニューも合わせて、20〜30分で出来てしまった。すごい。

きのこ入り煮込みハンバーグ

トリュフ香るビシソワーズ

ティラミス。コーヒー豆もハンドブレンダでーすぐに細かくなった。

………

実はハンドブレンダーは51年の歴史がある。世界および日本のシェア1位の同社ハンドブレンダーを日本で販売するデロンギ・ジャパン(株)の杉本敦男・代表取締役社長は、「ハンドブレンダーは時代の変化とともに進化してきた。デロンギの女性に調査したら、料理の時間を減らしたいと回答したのは83%。忙しいけど美味しいものを食べたい。時短をして家族と一緒に過ごすために、ハンドブレンダーがある」と語った。

新商品の特徴は、人間工学に基づいた直感的な操作性とパワー。ブラウン社のデザイナー、デュイ・フォン・ヴー氏は、「イギリスの執事のように、いて欲しいときにはそこにいて控えめである」などと商品哲学を表現した。

ひとつ心配になったのは、パワフルなのは頼もしいが、子どもが使ったりしたら危なくないのだろうか、ということだった。お子さんのいる川上さんは、ハフポスト日本版に対し「(人間工学的に)大人にしか操作できない安全装置があるので子どもにも安心です。これは慣れるといいですよ」と教えてくれた。

ブレンダーを日常にうまく取り入れることで、料理の時短ができて、手間も減り、洗い物も少なく、キッチンが汚れない。

時間をかけた料理、丁寧な暮らしにも憧れるが、忙しい平日はもっと合理的に料理をすると、心もラクになるかもしれない。朝のスムージーを作るのにもいいだろう。

ハフポスト日本版では、消費者や生活者の視点に立ったコンテンツを強化しています。新商品・新サービスなどのビジネス情報、衣・食・住、エンターテインメントなどのトレンド情報をきめ細かく発信するシリーズ「ハフポストトレンド」を設けました。プレスリリース等は pr@huffingtonpost.jp にお寄せください。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply