【台風18号】北海道に再上陸する見込み、天気に注意

台風18号は午前6時現在、秋田市の西にあって、北北東へ進んでいます。台風は、このあと東北の日本海沿岸を北上し、朝から昼前には北海道に再上陸する見込みです。北陸や東北と北海道で大荒れの天気となるでしょう。

きょうの天気

沖縄は晴れるでしょう。九州と四国も青空が広がりそうです。中国地方も次第に晴れますが、山陰では昼前まで雨が降るでしょう。近畿や東海と関東は、まだ曇り空の所も、このあと次第に晴れる見込みです。関東は昼頃まで南風が強く、沿岸部を中心に、立っていられないくらいの非常に強い風が吹くでしょう。北陸と東北南部は昼頃まで雨で、午後は晴れる所もありそうです。東北北部と北海道は夕方まで広い範囲で雨が降るでしょう。北陸や東北と北海道は雷雨の所もあり、局地的に非常に激しく降る見込みです。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。東北と北海道は暴風や高波にも厳重な警戒が必要です。なお、北日本では、昼頃から昼過ぎにかけて満潮の時刻を迎える所が多く、一年の中でもっとも潮位の高い時期です。高潮にも警戒して下さい。

予想される雨量と風、波

19日6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、

北海道地方      200ミリ

東北地方       120ミリ です。

18日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、

東北地方、北海道地方  30メートル(45メートル)

北陸地方        25メートル(35メートル)

18日に予想される波の高さは、

北海道地方 8メートル

関東甲信地方、東北地方 7メートル

東海地方 6メートル 

です。

暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください。

きょうの最高気温

最高気温は、きのうより高くなる所が多いでしょう。那覇と鹿児島は30度、福岡は29度、高知は31度で、真夏日の所が多い見込みです。広島は29度、大阪と名古屋は28度まで上がるでしょう。東京は33度の予想で、きのうの日中より10度以上高くなりそうです。関東の内陸では35度まで上がる所もあるでしょう。熱中症には十分注意してください。金沢は26度、仙台28度、秋田は24度、札幌は23度の予想です。

(2017年9月18日 6時48分)

【関連リンク】

小野聡子

小野聡子

[日本気象協会本社]気象予報士  熱中症予防指導員

福島県伊達市出身。桃畑に囲まれて育ちました。

大学卒業後、はとバスでバスガイドを務め、都内や関東近郊の観光案内をしていました。その後、NHK福島放送局へ。NHK福島放送局では、地域情報番組のキャスターとリポーターを務め、県内各地、自らカメラを持って取材に行くことも。構成や編集など制作全般も行っていました。2006年に気象予報士を取得。その後は子育ての傍ら、司会業を中心に、ブライダルプランナーや教材販売の営業などの仕事も経験。2016年に日本気象協会へ。

趣味は落語と着物。

アマチュア落語家として地元福島や都内近郊で活動中。(高座名:鹿鳴家おそら)

現在、11歳、9歳、5歳の2男1女の、子育て真っ最中のママ気象予報士です。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply