【チョロQの日】障害物を避けながら自動走行する「チョロQ」がスゴい

突然だが、本日9月9日は何の日かご存知だろうか? カーネル・サンダースの誕生日、救急の日など、色々あるようだが……実は、古くから日本で親しまれてきたおもちゃ「チョロQ」の日でもあるのだ。

チョロQといえば、ジジジジジ……っとゼンマイを巻いて、手を離してビューン! と走らせる車のおもちゃでお馴染みである。しかし調べてみると、障害物をよけながら進む自動走行チョロQがあるらしい。購入して実際に遊んでみることにした。

・自動走行チョロQ「Q−eyes」

自動走行チョロQの名前は「Q−eyes」だ。販売元であるタカラトミーの情報によると、2014年9月に発売されたシリーズで、ヘッドライト下のセンサーが障害物を検知して、よけながら進むのが特徴だという。

Amazonで在庫を探してみたところ、自動走行チョロQとコースのセット商品「Q−eyes コースガレージセット NISSAN GT−R」を発見。希望小売価格5500円のところ、なんと1180円でGETすることができた。

パッケージを開けて、紙製のガレージとコースを作るためのプラスチック製レール、そしてNISSAN GT−RをデフォルメしたデザインのチョロQと充電器が中に入っているのを確認。さっそくコースを作って遊んでみることに。

・コースを作る

説明書を見ながらガレージを組み立てて、スペースに合わせてレールを繋げれば……あっという間にコースが完成! あとは、電池を入れた充電器の上にチョロQを乗せて、充電すればスタンバイOKだ。

・チョロQを充電

充電時間は10秒で、約1分間の連続走行が可能となっている。なお、充電器に乗せている時にのみ、障害物を検知した時の走行パターンA(バックしてよける)、B(停止する) を切り替えられる仕様だ。

・走行スタート

走行パターンをA(バックしてよける)に設定し、スタート地点でチョロQを手から離すと……。

ジィィィィィーっと抑えめなモーター音を鳴らながら走り出す。そしてコーナへ差し掛かった次の瞬間!

曲がったぁぁぁあああーーー!! しかも、カクカクせずに自然な角度で曲がるところがスゴい!

・2台で遊ぶとさらに面白そう

しばらく遊んでみたが、動きが思いのほかスムーズで走る様子を見ているだけでも楽しめた。連続走行時間が1分なので、こまめに充電する必要があるが、その不自由さがまたチョロQっぽくていい感じだったぞ。

今回は1台のみだったが、きっと2台で遊べばさらに面白いハズ。今ならまだ Amazon で安く入手できるかもしれないので、興味のある方はチェックしてみてはいかがだろうか。

参考リンク:株式会社タカラトミー「チョロQ Q−eyes」、Amazon 「Q−eyes コースガレージセット NISSAN GT−R」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply