目に違和感⇒手術でコンタクトレンズ27枚見つかる 担当医「こんな事例は経験ない」

※注意:この記事には不快感を与えかねない写真が含まれています。

コンタクトレンズを使ったことがある人なら、長時間付けたりそのままうっかり寝てしまったりして、コンタクトが目に張り付いて焦った経験があるだろう。時には、まぶたの裏側に入り込んでしまうこともある。

そんな時は、決して放置してはいけない。イギリスで白内障の手術を受けた67歳の女性の目の内側から、27枚ものコンタクトレンズが見つかったと、イギリス医師会雑誌(BMJ)が報告した。

BBCによると、女性は白内障のため、定期的に目の手術を受けていたが、特別目に関する病状を訴えたことはなかった。ある日の手術で麻酔を打ったところ、青みがかったものが右目の内側から現れ、それが粘液で塊になった17枚のコンタクトレンズだと判明した。

詳しく検査をすると、コンタクトレンズがさらに10枚見つかった。女性はこれまで感じていた不快感の原因は、ドライアイや高齢だと思っていたが、コンタクトを取り除いたことで快適になったという。

報告によると、女性は35年間にわたって、1カ月用の使い捨てコンタクレンズを使っていた。右目が見えにくい症状で、くぼんでいたことが、27枚ものコンタクトが入り込む一因になっていた可能性がある。

//platform.twitter.com/widgets.js

この症例を報告した眼科研修医のルパル・モリヤリア氏は、「手術を担当した医師が、麻酔を打つ際に彼女の目を開くため、反射鏡をあてると、上まぶたの裏からコンタクトレンズが出てきました」と説明。「私たちはみんなとても驚きました。こんな事例は経験したことがありません」と、CNNの取材に対して答えた。

コンタクトレンズがどのぐらいの期間、目の中に留まっていたのかははっきりしない。女性は着用したコンタクトを外そうとしたが、見つからなかったことが何度かあったという。

ルパル氏は ニュースサイト「オプトメトリー・トゥデイ」の取材に対しても、「コンタクトレンズはいつでも使えるが、適切に使用・管理しないと、失明を引き起こす感染症につながる」と強調した。

BBCは、コンタクト使用者に対して、以下のような点を注意喚起している。

・着用は1日最長16時間以内で、医師に勧められた時間以上は避け、着用したまま寝ない
・着用前に目のメイクをしない
・コンタクトレンズをしたまま泳ぎに行かない
・感染症をリスクを抑えるため、コンタクトレンズの容器を定期的に変える
・違和感を感じたら外す

■関連画像集「イギリス 画像集」


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply