【朗報】「ヒアリに刺されたら死亡」はガセだったことが判明! 環境省がホームページから一部表現を削除する

2017年、日本でもっとも注目を集めている動物といえば『ヒアリ』だろう。通常のアリと大きく違うのは毒針を持っていることで、その痛みは凄まじく “焼けるように痛い” ことから『ヒアリ(火蟻)』と名付けられたという。

さらには「死亡例がある」ともされていたヒアリだが、2017年7月18日、環境省はヒアリによる死亡例が確認できなかったとして、ホームページから一部の文言を削除した。つまり「ヒアリに刺されたら死ぬこともある」という噂は、完全にガセネタだったようだ。

・死亡例が確認されず

ヒアリについて、これまで環境省のホームページ上には「アメリカで年間100人程度の死亡例もある」と記載されていた。だがしかし、専門家からの指摘で海外での死亡例が確認されないことが判明、ホームページ上から一部の表現を削除したという。

刺されるとメチャメチャ痛いことで有名だが、これでいくらかはヒアリに対し冷静に対処できるハズだ。特に小さなお子さんがいるご家庭では、やや安心できる新情報ではなかろうか。

・ネットの声

「痛いだけかよ」
「これで一気にヒアリ騒動は収束しそうですね」
「あんなに死亡するとか言っておいて……」
「勝手に殺人アリにされたヒアリも可哀想だな」
「でも、外来種の侵入を許しちゃダメだぞ」
「ヒアリさん、三日天下」
「今は忘れ去られたセアカゴケグモみたいだね」

「アメリカで年間100人程度の死亡例もある」と表記するに至った経緯は不明であるものの、刺されたことによる死亡例が確認されていないと判明した以上、ヒアリに対するヒステリックな対応は激減するに違いない。ヒアリが危険な生物であることに変わりはないが、死亡例が確認されていないことも しっかり覚えておこう。

参照元:環境省NEWS24
執筆:P.K.サンジュン


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply