【北海道ラーメン探訪】無化調の「淡麗中華そば」が話題沸騰中! 札幌『すすり』は和え玉も激ウマな人気店

福島県「喜多方ラーメン」、福岡県「博多ラーメン」に並び、日本の三大ラーメンのひとつとされる北海道「札幌ラーメン」。中太縮れ麺に、豚骨ベースのこってりした味噌スープが特徴だ。

しかし、時代の流れと共に札幌のラーメンは多様化。ここ数年で、中太縮れ麺や豚骨スープを使用しない人気店が続々と登場している。そんな中、第30回目となる「北海道ラーメン探訪」でも、札幌ラーメンとしての特徴はないが人気ラーメン店のひとつ『すすり』の「淡麗中華そば」をご紹介したい。

・札幌で大人気のラーメン店「すすり」

札幌では今、煮干しベースの「中華そば カリフォルニア」や、鶏白湯ベースの「麺や けせらせら」などが人気を博し、かつては一世を風靡した豚骨ベースの札幌ラーメンの勢いが衰えつつある。今回ご紹介する「すすり」も、新しい味で勝負するラーメン店で話題沸騰中だ。

・ナチュラル&まろやかな味わいの「淡麗中華そば」

同店の看板メニューは「淡麗中華そば(税込750円)」である。これは、北海道産鶏を使用したスープや北海道産小麦100%の自家製麺を、宮内庁御用達の醤油「関ヶ原たまり」やイタリア産の海塩でまとめた化学調味料不使用の1杯とのこと。どう考えてもウマそうな素材の名前が並ぶが、そのお味はいかに。

テーブルに届いた丼には、澄んだ醤油色のスープに、ネギ、みつ葉、穂先メンマ、鶏肉のチャーシュー、そして低温調理でピンク色に仕上げられた豚肉のチャーシューなどが、絶妙なバランスでトッピングされていた。素材がよければ見た目も抜群だ。

そして実際に味わってみると、無化調だけあってナチュラル&まろやかでウマい! スープを飲めば、鶏ガラの旨味や醤油の風味が口の中でフワッと浮かび上がり、モッチリとしたストレート麺は噛むほどに小麦の味わいが感じられた。

・麺と特製ダレを和えた「和え玉」が激ウマ

さらに、この店を訪れた方にぜひ食していただきたいのが、麺と特製ダレを和えた「和え玉(税込200円)」だ。そのまま食べてもスープに入れて “替え玉” にしてもOKだが、 そのまま食べるのが断然オススメ。なぜなら……

全体をよく混ぜると、その時点で甘塩っぱい味付けの特製ダレと麺の風味がマッチしていて激ウマなのだ。ちなみにこの「和え玉」は、単体での注文は不可。必ずメインメニューのいずれかと一緒に頼む必要があるのでご注意を。

・『泡がごめつけ麺』も人気

その他にも「すすり」では、強い粘りを持つ「がごめ昆布」を使用した『泡がごめつけ麺』なども人気だ。実際に食べてみたところ、昆布の旨味を含んだ独特の粘りが麺に絡み、喉ごしも味わいも良好だった。つけ麺好きの方は、ぜひそちらもご賞味あれ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 すすり
住所 北海道札幌市中央区南8条西3丁目7−40
時間 11:30〜22:30
休日 月曜日は煮干し専門店として営業

Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「北海道ラーメン探訪


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply