実写版『アラジン』のキャスト発表、ウィル・スミスがジーニー役に。アラジンとジャスミンは?

ついに発表された実写版『アラジン』の配役は、噂通りのあの人物だった。

アメリカ・カリフォルニア州アナハイムで7月14日から開催されているディズニーの公式ファンイベント『D23 Expo 2017』で、実写版アラジンの配役が発表され、ファンたちを沸かせた。

それによると、ウィル・スミスが声優としてランプの魔人「ジーニー」役を、ミーナ・マスードがアラジン役、ナオミ・スコットがジャスミン役を演じるという。

監督はガイ・リッチーが手掛け、ミュージカル作品として制作されることが発表されていた。

アラジンのアニメ映画は、1992年に公開され、アカデミー賞最優秀作曲賞を獲得。「ホール・ニュー・ワールド」も最優秀主題歌賞に選ばれている。興行収入は世界で5億400万ドル(約567億円)を上げている。アニメ版でジーニーの声優はロビン・ウィリアムズが務めている。

//platform.twitter.com/widgets.js

アラジンの実写版映画で、ミーナ・マソードがアラジン役、ナオミ・スコットがジャスミン役、ウィル・スミスがジーニー役をすることが発表されました!

//platform.twitter.com/widgets.js

魔法の物語をもう一度蘇らせる機会をいただけたことは、私にとってとても光栄で素晴らしい。やるぞ!

▼1955年オープン当時のディズニーランド画像集▼

※表示されない場合はこちらへ。
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply