【加藤一二三九段】負けたら即引退の大一番、夕食は"アレ"だった

現役最年長の棋士、加藤一二三(ひふみ)九段(77)が6月20日午前10時から、「第30期竜王戦」ランキング戦6組で高野智史四段との対局に臨んでいる。この対局に勝てば、自身の持つ史上最高齢勝利記録(77歳0カ月)を更新するが、敗れれば即引退となる。

加藤九段は1月19日、棋士の序列を決める「名人戦」の順位戦C級2組からの降級が確定。定年規定により今期限りでの引退が決まっているが、予定される公式戦の全対局が終わるまでは現役扱いとなる。加藤九段に残された公式戦は、現在対局中の「竜王戦」ランキング戦6組の対局のみ。一つ格上の「5組」に昇格する棋士を決めるトーナメントのため、20日の対局に敗れると、その時点で63年間の現役生活に終止符を打つことになる。

引退がかかった大一番、昼食はやっぱり「うな重」


加藤九段といえば対局時の食事は「昼も夜も、うな重」という伝説で知られる。引退がかかった大一番、加藤九段は昼食に「うな重・竹」(3100円)を注文。午後の対局に備えた。対局で「うな重」にこだわる理由について、加藤九段はこう語っている。

若い頃はラーメンが多かったです。鍋焼きうどんも好きなのですが、熱いので、冷めるまで待っていると15分ぐらいかかる。まさか水をかけるわけにはいきませんからね。うなぎは温かいし、腹持ちもするのでこれに落ち着きました。


対局中に迷いたくないので、決めておいた方がいいんです。でも、時には考えることが面白くて、食べるのを忘れることもあります。後でおなかがすいてきて、「食べておけば良かった」と思うのですが。

(朝日新聞 2016年11月21日夕刊・東京本社版より)

http://nhk.io/redirect/Ly9wbGF0Zm9ybS50d2l0dGVyLmNvbS93aWRnZXRzLmpz

「昼も夜もうな重」なるか、注目の夕食は…


この日、将棋ファンの間では、加藤九段が夕食でも「うな重」を頼むのか注目が集まっていた。

午後5時前、係員が夕食の注文を聞きに訪れた。すると加藤九段は「カキフライ定食」と「鳥の唐揚げ定食」を注文。まさかの定食2人前という奇手が炸裂。対戦相手の高野四段は驚いた表情を見せた。

ところが、ここでアクシデントが発生。係員が「カキフライ定食は(冬季限定で)ありません」と告げる。加藤九段はここで注文を再考した。

結局、加藤九段は夕食に何を注文したのだろうか。日本将棋連盟の広報担当者はハフポスト日本版の取材に対し、「手元の注文メモによると、加藤九段は『天ぷら定食』と『冷やしトマト』ですね。どうやら『唐揚げ定食』はキャンセルしたようです。対戦相手の高野九段は『卵とじうどん』ですね」と話した。

午後6時、加藤九段と高野四段は夕食休憩に入った。大一番はいよいよ終盤へと突入する。

▼「うなぎ・うな重画像集」▼


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply