「999段の階段に作られた世界最大のパルクールコース」を制覇する動画が超スリリング! 『スパイダーマン』のシーンを見ているような感覚に!!


世界的に大きな人気を集めているパルクールは、移動動作を用いて障害物を越えながら目的地に到達するスポーツで、まさにパルクーラーの動きは忍者そのものといった感じである。

そんなパラクーラーが、「999段の階段に作られた世界最大のパルクールコース」を下っていく動画が、超~スリリングだとネットで話題になっている。見ているだけで、こっちが息切れしちゃいそうなレベルなのだ!

・中国に世界最大のパルクールのコースが!

世界最大のパルクールのコース「Sky Ladder:スカイラダー」が存在するのは、中国は湖南省にある天門山。45度もある急な山の斜面に設置されたコースは、なんと999段もの階段に作られているというから驚きだ。

そのコースを下から捉えた画像を見ると、コースの頂上は遥かに上! 一番上まで行くのにエレベーターが使えるのかどうか謎だが、もし徒歩しか手段がなかったら、それだけでエネルギーを使い果たしてしまいそうである。

・コースを下っていく動画が超スリリング!!

そんな巨大なコースに挑んだのは、プロのパルクーラーとして活躍するアメリカ人で19歳のカレン・チャンさんだ。彼は、GoProカメラを口にくわえて障害物をこなしながら、地上に辿り着くまでの一部始終を撮影することに。

その動画を見ると各障害物の高さはかなりのもので、油断したら転落したり足首をひねったりしそうで、見ているだけで超ハラハラしてしまう!

・『スパイダーマン』のシーンを見ているような感覚に!

かなり斜面が急でスピードもあるため、なんだか映画『スパイダーマン』で、スパイダーマンが高層ビルをすごい勢いで下りていくシーンを連想してしまった。カレンさんは、スタートから約3分で地上にたどり着いたのだが、到着するなり地面に倒れ込んで息切れが激しく、その消耗ぶりはかなりのもの!

とはいえ、こんなモンスター級のパルクールコースを制覇してしまうとは、もはや超人レベルだと言えそうだ。人間離れした忍者のような移動術は、見ているだけで惚れ惚れしてしまう。パルクールは世界的に人気が白熱しているスポーツだけに、「近いうちにオリンピック種目になるのでは……」と思っている筆者である。

参照元:YouTube
執筆:Nekolas


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply