強毒「ヒアリ」100匹発見、アスファルトのはがれた亀裂部分に 神戸市

強毒「ヒアリ」100匹発見 神戸、路面の亀裂部分に

asahi

 環境省は18日、強い毒を持つ外来種のアリ、「ヒアリ」が神戸市のポートアイランドのコンテナヤードで見つかったと発表した。約100匹がアスファルトのはがれた亀裂部分にいたという。5月26日に兵庫県尼崎市で、中国からの貨物船で運ばれたコンテナ内部で見つかったヒアリとの関連を調べている。

 環境省によると、今回のヒアリは、中国からのコンテナが一時保管されていた場所の近くで見つかった。16日、環境省職員らが発見し、数匹を採取。18日にヒアリと確認した。殺虫剤をまいて緊急防除をしたという。

 ヒアリは赤茶色で体長2・5~6ミリ。人が刺されるとやけどのような激痛が走る。毒針で何度も刺すほど攻撃性が高く、かゆみや動悸(どうき)などが引き起こされ、アナフィラキシーショックによる死亡例もあるという。

 これを受けて神戸市は対策本部を設置、周辺での生息調査を強化し、住民らに注意を呼びかける。

(朝日新聞デジタル 2017年06月18日 14時50分)

関連ニュース

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply