【新製品】大人気の「チェキ」が劇的に進化! 撮ったその場でデジタル編集可能な『instax SQUARE SQ10』が登場!!

容量がある限り何枚でも撮れるうえに、後から画像もカンタンに加工できてしまう便利なデジタルカメラ。しかし近年では、デジカメに負けず劣らず、インスタントカメラ「チェキ」の人気が世界各国で高まっているのだそう。

そんな中、本日2017年5月19日にチェキの新製品『instax SQUARE SQ10』が発売された。この製品は、同シリーズで初めてデジタルイメージセンサーや液晶モニターを内蔵。プリント前に画像編集もできてしまうというから、注目せずにはいられない。

・「チェキ」シリーズの新たなラインアップ

発売元の富士フィルムの情報によると、本日発売された『instax SQUARE SQ10』は「チェキ」シリーズの新たなラインアップとして登場した、ハイブリッドインスタントカメラとのことだ。

冒頭でもお伝えした通り、このカメラで注目すべきは、撮ったその場ですぐにプリントが楽しめるインスタントカメラでありながら、デジタルイメージセンサーや液晶モニターを内蔵している点だ。

これにより、写真画質が大幅に向上したほか、多彩な画像編集・加工機能も搭載されたという。製品の紹介動画で操作シーンを確認すると……すっげぇぇえええーーー! 液晶で加工した画像が、その場でプリントされる様子が見て取れる。

・画像は内蔵メモリーやmicroSDカードに保存可能

なお、バッテリーは交換式となっており、満充電で約160枚まで撮影可能で、撮影した画像や加工した作品は、内蔵メモリーやmicroSDカードに保存できるのだそう。選択した写真を後からプリントアウトできる点にも、非常に好感が持てる。

デジタルとアナログの良さを組み合わせた、まさに “ハイブリッド” な『instax SQUARE SQ10』の気になる市場価格は、3万円前後となっているもようだ。流行を先取りしたい方は、いち早く手に入れてみてはいかがだろうか。

参照元:YouTube、富士フィルム「instax SQUARE SQ10」
執筆:K.ナガハシ


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply