がん患者は「働かなくていい」と野次った議員について

2017-05-18-1495069730-4929910-tabako_kitsuen_kenenthumb600xauto2480.png

毎年1万5000人も受動喫煙のために亡くなっていることから、厚労省は受動喫煙防止法を成立させようと、頑張っています。

しかし、自民党は反対し続けていて、話し合いを3ヶ月近く拒否していたのですが、ようやく、自民党内の厚生労働部会という、厚生労働省に関係する議題を話し合う場を開きました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170515/k10010982791000.html

屋内原則禁煙を進めたい厚労省と、「喫煙可」等表示の義務付けだけで、禁煙はしなくても良いようにしたい自民党受動喫煙防止反対派(愛煙派)議員との間で、話がまとまることはなく、今国会中の成立に暗雲が立ち込めました。

【がん患者は「働かなくて良い」と野次】

その議論の中で、およそ信じ難いやり取りがありました。

44歳で自らががんを患った三原じゅん子参議院議員が、がん患者の立場から、受動喫煙防止の必要性を訴える発言をしました。
(僕がそこにいたのではなく、その場にいた方が作った議事録であり、しゃべり言葉そのままです。)

三原議員

——

「飲食店を一括りとして扱って、表示義務だけで、望まない受動喫煙が防止できる、とは思えません。

その考え方が強者からの考え方であって、全国がん患者団体連合会の直接の思いを話してきてくれ、ということで発言しております。

がん患者の方々の就労支援は、大きな問題です。

がんでも、一生懸命働いて就労している患者はいっぱいいる。そんな中、がん患者は選べません、お店を、仕事場を。

弱い立場の方々がたくさんいる、ということを知ってほしいんです。

上司うんぬんの話があったが、がん患者が治療している中で、喫煙してる人がいる中で働くことの苦しさは、どういうものがあるか、是非皆さんに・・・」

——

その時です。

「(がん患者は)働かなくていいんだよっ!」

という大きなヤジが飛んだのです。

(野次った議員が誰かは、複数の人が見ていてほぼ確実に分かっていますが、絶対とは言えないので、ここでは伏せたいと思います。彼は受動喫煙防止に反対する立場の議員の方でした。)

【三原議員の怒りの反論】

三原議員の顔色が変わります。

——

「働かなければいい、という、そんな話がありますか。

がん患者はそういう権利がないんですか。

弱い人たちの立場を考えて法案を作っていくのが、自民党の政治家の役割だと申し上げたい。

妊娠中の先生方の奥様に煙を吹きかけることができますか?

そういうことが先生、ご自身できますか?弱い立場のことを考えて法案をつくることをお願いしたい。」

——

と野次った議員と受動喫煙反対派議員に向けて、強く主張したのでした。

相当腹に据えかねるものがあったのか、ご自身のブログにて、「怒り」というタイトルをつけて、以下のように( http://ameblo.jp/juncomihara/entry-12274966447.html )綴っています。(太字は筆者)

——

本日、厚生労働部会で受動喫煙法案についての審議が久しぶりに行われました。

様々な意見があって当たり前てす。(原文ママ)皆んなが意見をぶつけ合うのも当然仕方ありません。

しかし、何を言ってもいいという事とは違います。

(中略)

まして、がん患者の方々は就労を続ける事や新たに働く場を見つけるのも困難な場合もあります。好きな所で働くという選択が許されないほど現実は厳しいのです。

そうして、やっと見つけた職場が喫煙可で煙モクモクの中ではたまったものではありません。そういう方々のお気持ちに寄り添うことも必要では?と発言させて頂きました。

が、残念ながら余りにも心無い野次に私は心底怒りで震えました。

当然、厳しく反論いたしましたが、同じ党内でこんな言葉を吐く議員がいるとは、情けないとしか思えない。

一度吐いた言葉は飲み込むことは出来ません!

その方には猛省を促したいと同時に、仲間であるがん患者の皆様に謝罪の気持ちを持って貰いたいと思います。

——

【国会だったら議員辞職もの】

がん患者の方々がせっかく見つけた職場で、受動喫煙の被害に遭う。これは命に関わることで、それをご自身の体験に基づき訴えた三原議員の主張は、しごく最もなことだと思います。

しかし、自民党の愛煙派議員は、彼女の発言の途中で、がん患者の方々の人権を踏みにじるような「がん患者は働かなくて良い」野次を、投げつけたのです。

文字だけでみると、「がん患者の方々の体調のことを考えると、無理して働かなくても良いのではないか」と文意を取れないこともありません。

しかし、言葉の調子や、(正式な発言ではなく)野次という形で投げかけられた点、また彼の政治的な立ち位置を総合的に判断すると、この発言は「タバコを吸いたくない、なんてことを言うんだったら、がん患者は働かなくて良いんだよ」という意味だと考えるのが自然でしょう。

こうした発言が、国会議員から出るのは、常軌を逸しています。自民党のクローズドな部会だから問題になっていませんが、国会だったら議員辞職ものの発言だと思います。

しかし、いみじくもこの発言は、自民党の愛煙派議員の本音を表していようかと思います。

【野次は愛煙派議員の本音】

がん患者や妊婦、子どもたち等、受動喫煙によって健康を害す、もしくは害す危険性の高い人たちがいます。

こうした人たちのことを考えると、空気は混ざるので、分煙は意味をなしませんし、喫煙可能と表示を義務付けていても、働く人の健康は守れません。

しかし、「働かなくて良い」と野次るメンタリティからは、そうしたマイノリティの方々に配慮する、という姿勢が根本的に欠けています。

「自分が吸いたいから、どこでも吸えるようにしたい。ごちゃごちゃ言うやつは、店に来なきゃ良い、働かなきゃ良い」という、根底の考え方。

これは、それぞれ異なった一億人が、それぞれ輝けるようにしようという「一億総活躍」という安倍政権のスローガンと全く矛盾します。

また、受動喫煙被害によって、1万5000人もの人々が毎年亡くなり3000億円以上の無駄な医療費負担を強いているということへの、何らの想像力も伺えません。

こうした人たちに国民の代表たる国会議員を拝する資格が果たしてあるのか。はなはだ疑問でしょう。

【受動喫煙防止法が潰された時に、我々ができること】

厚労省案に対する自民党内の愛煙派による足の引っ張りを見るにつけ、今国会内での受動喫煙防止法の成立は、かなり難しいものになっていると感じます。

しかしその場合は、都議選に「屋内原則禁煙」を掲げる、公明党・民進党・都民ファーストの会に投票し、長年受動喫煙防止に反対し続けてきた自民党都議会にNOを示していく、というやり方があるでしょう。

がん患者の方々に「働かなくて良い」と野次った自民党議員のような人には、「あなたこそ、働かなくて良い」と国民たる我々が毅然と声をあげていかねばならないのではないでしょうか。

(2017年5月17日「駒崎弘樹公式サイト」より転載)
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply