GoogleのCEOから手紙をもらった7歳の少女、コンピューター会社の役員になる

わずか7歳と5歳のふたりの姉妹が、コンピューター会社の「プロダクト・イノベーション」担当の取締役に就任した。

クロエ・ブリッジウォーターさんとホリーさんの姉妹は、イギリスのヘレフォードに住んでいる。ふたりが取締役に就任したのは、自分で組み立ててプログラミングを学べるコンピューター・キットを製作するコンピューター会社「Kano」だ。

姉のクロエさんは2月、「Googleで働きたい」という手紙をGoogleに送り、サンダー・ピチャイCEOサイン入りの返事をもらったことが大きな話題になった

この出来事を知ったKano社が、Twitterでクロエさんに連絡をして「プロダクト・イノベーション」担当の取締役をオファーしたのだ。

2017-04-28-1493361761-6809675-Screenshot2017042815.34.56.png
KanoコンピューターTwitterより

Kano社のウェブサイトによると、同社はコーディングやコンピューター製作経験についてクロエとホリーに話を聞き、その後ふたりを同社初となる「プロダクト・イノベーション」担当の取締役に任命した。

クロエとホリーの仕事は、売り出される前の新しい製品を組み立て、ソフトウェアや全ての機能を試してみること。四半期ごとにビデオ会議をして、製品向上のアドバイスもするという。

//platform.twitter.com/widgets.js
「7歳のクロエと、5歳の妹ホリーが新しいチームメンバーになりました」

クロエは新しい仕事をとても気に入っているようだ。Twitterで、Kanoのコンピューターを試す様子を投稿している。

//platform.twitter.com/widgets.js
「ありがとうKano。今日は何時間もこれをしてた」

//platform.twitter.com/widgets.js
「Kanoで初めてデザインをしてみたよ」

//platform.twitter.com/widgets.js
「先週、妹と一緒にロンドンに行って、チームの人たちとあってきました。すごくたのしかった。マインクラフトのコーディング、すごく好きになりました」

ピチャイCEOから返事をもらったことは、クロエさんの学びたいという気持ちに大きな影響を与えた。

母親のジュリーさんがニュースメディア「マッシャブル」に「ピチャイCEOからの手紙をもらって、クロエにコンピューターやコーディング、ロボット、数学にもっと興味を持つようになりました」と答えている。

また、ふたりの父親アンディさんは、家族全員で娘たちの取締役就任を喜んでいる、とハフポスト日本版にコメントした。

「今回このような機会をもらえたことを、私たち家族はとても喜んでいます。クロエとホリーがこんなに幼い時から素晴らしいスタートをきれるなんて。ここからもっと大きなことにつながるかもしれません」

「Kanoのコンピューターキットでは、年齢に関係なくテクノロジーやコンピューターが学べます。クロエはこの仕事ができて嬉しいと喜んでいて、新製品を試すのをとても楽しみにしています」

<クロエとホリーを紹介するKanoの動画>

【関連記事】

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply