アマゾンで第1類医薬品の販売開始 注文確定前に常駐薬剤師が適正使用を確認

2017-04-20-1492669131-8755978-amazon_pharmacy.png

アマゾンジャパンは、Amazon.co.jpの「医薬品・指定医薬部外品」カテゴリーで第1類医薬品の販売を開始した。4月19日現在、「ロキソニン」や「ガスター10」など約70品目の第1類医薬品を取り扱っている。

一般用医薬品のうち、第1類医薬品は副作用などのリスクがあるため、販売の際に薬剤師が医薬品に関する情報提供を義務付けられている。インターネットでの販売には、薬機法の基準を満たした実店舗を持つ薬局・薬店であること、薬剤師が常時配置されていることなどの条件があり、インターネット販売でも適切な情報提供がされるようにルールが定められている(政府広報オンライン:医薬品のネット販売を安心して利用するために)。

Amazon.co.jpの場合、第1類医薬品をカートに入れてレジへ進むと、薬を使用する人の年齢・性別やアレルギー経験などを聞かれる「ご使用者状態チェック」への回答が求められ、続いて表示される「お薬の説明と確認」の内容を確認した上で、薬剤師への質問の有無を選択。その後、通常商品と同じ配送先や支払い方法の選択画面へと進む。注文手続きが完了した後に薬剤師が適正使用の確認を行い、適正でないと判断した場合には注文はキャンセルされる。

アマゾンジャパンでは4月18日に、プライム会員向けの短時間配送サービス「Prime Now」でドラッグストアのココカラファインマツモトキヨシ、百貨店の三越日本橋本店との提携を発表。コスメ・美容用品と惣菜・和洋菓子など約1万点を品ぞろえに追加し、都内の一部エリアに2時間の指定便で配送を開始している。

今回の第1類医薬品の販売開始が、これらドラッグストアとの提携と関係があるのかどうか、また薬機法で定められた実店舗の扱いはどのようにクリアしたのか、TechCrunch Japanではアマゾンジャパンに取材を申し込んでいるが、4月19日12時の段階ではまだコンタクトが取れていない。なお、Prime Nowのドラッグストアカテゴリーでは、現在のところ、医薬品より比較的安全性が高いとされる、整腸剤やうがい薬などの指定医薬部外品のみが販売されている。

【4月19日18時追記】アマゾンジャパンから回答が得られた。「第1類医薬品の販売は、4月17日からソフトローンチとして行われ、来週正式発表を行う予定だった。昨日発表のPrime Now提携先ドラッグストアとは関係なく、アマゾンジャパンが直接販売しているものだ。

アマゾンジャパンでは2015年9月から第2類・第3類医薬品の販売を行っており、その際に『Amazonファーマシー』として在庫を持つ場所を実店舗として既に登録している。アマゾンジャパンが薬剤師を直接雇用し、常駐させている。また医薬品ごとに問診(ご使用者状況チェック)の内容を変え、薬剤師による適正使用の確認に利用している」(アマゾンジャパン広報)

アマゾンジャパンでは今回の第1類医薬品販売について「普段薬局が開いていて、薬剤師がいる時間に店を利用できない方には利便性が高まると考えている。また育毛剤やデリケートケア薬など、恥ずかしくてリアル店舗では買いにくい医薬品を手に入れるのにも役立つと思う」とコメントしている。

【関連記事】

(2017年4月19日 TechCrunch日本版「Amazonで第1類医薬品の販売開始、薬剤師が適正利用を確認した上で注文確定」より転載)
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply