「GLM G4」国内初公開 「和製テスラではなくEV版フェラーリを目指す」(画像集・動画)

glm01

京都市左京区のベンチャー企業「GLM」が4月18日、電気自動車(EV)のスーパーカー「GLM G4」を東京・豊洲で、国内初公開した。2019年の量産化を目指している。

「GLM G4」は、専用開発したモーターを車両前後に2基搭載した4輪駆動車で、4人乗り。最高出力は540馬力。時速100kmまでわずか3.7秒で加速できる。想定価格は4000万円、国内外で1000台の販売が目標だ。オランダのサヴェージ・リヴァーレ社と業務提携した上で、同社が開発した「ロードヨットGTS」の車体を使用している。路上を走るヨットをイメージした流麗なデザインが特徴的だ。

EVのスーパーカーといえば、イーロン・マスク氏が率いるアメリカのテスラモーターズの「テスラ・ロードスター」などが有名だ。GLMの小間裕康社長(写真右)は会見で「和製テスラと呼ばれることも多いのですが、私たちが目指しているものとは少し違う。たとえて言うのならEV版のフェラーリというか、高付加価値の車両を提供していきたいと考えています」と話していた。

■「GLM G4」発表会のスライドショー

(※開かない場合は、こちらへ)

■「GLM G4」ぐるりと動画で


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply