9500万円の金の延べ棒、強盗から死守 奪われた店員がすぐ取り返す

金の延べ棒9500万円分があわや… 3人組が店員襲撃

 11日午後0時半ごろ、東京都台東区上野5丁目の貴金属店前の路上で、この店の従業員から「3人組の男に襲われそうになった」と110番通報があった。

 警視庁によると、男性従業員2人が取引に出かけるため、店の前で、金の延べ棒約20キロ(9500万円相当)が入ったキャリーバッグを持ち、タクシーを待っていたところ、3人組の男が後ろから従業員の1人に跳び蹴りをした。男らはバッグを奪い、20~30メートル逃走したが、従業員らが追いかけてバッグを奪い返したという。男らはそのまま逃走した。従業員にけがはなかった。上野署が強盗事件として調べている。

 現場はJR御徒町駅前で、大通りに面したビル街。

(朝日新聞デジタル 2017年04月11日 15時22分)

関連ニュース

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply