Monthly Archives

March 2017

  • 世界の舞台で活躍することが、スポーツができる喜びを大きく拡げる

    パラバドミントン世界選手権(2年に一度)シングルスで2013年優勝、2015年準優勝の豊田まみ子選手。2014年にダブルスで年間グランドスラムを達成、シングルスでも全米、全仏で優勝、2016年パラリンピックリオ大会で銅メダルを獲得し、2017年1月全豪でシングルス初優勝を果たした車いすテニスの上地結衣選手。常に世界の頂点で戦うパラアスリートのお二人に東京2020パラリンピックに向けて、何が大切だと考え、どんなことに取り組んでいるのかをうかがいました。 (お一人ずつ個別にインタビューを実施) パラバドミントン 豊田まみ子選手、車いすテニス 上地結衣選手 「楽しい」が「勝ちたい」に変わり、世界の舞台へ 豊田選手と上地選手の二人に、スポーツの楽しさに出会った頃のことを聞きました。いつ、どのようなことがきっかけだったのでしょう。 豊田 バドミントンを始めたのは小学4年生の時、母親に勧められたのがきっかけです。当時は楽しむためにやっているという感覚で、あまり勝ち負けに執着していませんでした。中学・高校生になって「試合に勝ちたい」「もっとうまくなりたい」と思うようになりました。 上地 両親がバスケットをしていたこともあり、小学4年生の頃に車椅子バスケットを始めたのですが、同じチームの方に紹介してもらって車いすテニスを始めました。姉が中学でテニスをしていたことも影響していると思います。やってみると、何もかもが楽しかったですね。試合に勝ったら楽しい、負けたら悔しいけど楽しい、練習も楽しい、試合のためにあちこち出かけるのも楽しいという感じでした。テニスは、いい結果も悪い結果もすべて自分次第。そういうところが私に合っていたんだと思いますね。 やがて二人は、「スポーツが好きな少女」から「アスリート」へと成長していきました。スポーツ選手という人生を選ぶ決意をした背景には、どんなドラマがあったのでしょうか。 豊田 高校2年生の時に初めて障がい者バドミントン選手権大会に出場しました。想像していた以上にレベルが高く、「この世界で活躍したい」という気持ちになり、大学2年生の時に初めて国際大会に出場すると、「世界の舞台で戦いたい」と思いがさらに膨らみました。 私が代表入りした頃から、パラバドミントンは近いうちにパラリンピック競技入りするだろうと言われていたこともあって、私はパラリンピックで活躍するという高い目標を掲げてやってきました。2020年の東京大会で晴れて正式競技となり、舞台は整ったなという感じです。 上地 私がアスリートとしてやっていこうと決断をしたのは、実は2012年、パラリンピックロンドン大会から帰国してしばらく経ってからです。結構遅いんですよね。当時、私は高校3年生で、卒業後は語学習得のために進学するか、普通に就職するかと考えていて、テニス選手という進路はまったく考えていませんでした。 でもパラリンピック ロンドン大会に出場してみると、まず開会式の華やかさに圧倒され、その舞台に自分が立っていることの喜びに気づいたんです。結果はベスト8で、勝つ楽しさと負ける悔しさの両方を味わいました。そこで「もう1回このパラリンピックという舞台に立ちたい」という気持ちが芽生えて、悩んだ末にテニス選手として専念することを選びました。 コートに入れば一人。結果はすべて自分次第 二人はそれぞれ世界で通用する武器を備えています。豊田選手は「高速スマッシュ」、上地選手は「チェアスキル(車いす操作)」。改めて二人に「自身のアスリートとしての長所は?」と聞いてみると、意外な答えが返ってきました。 豊田 私って、何をするにもすごくゆっくりなんです。他人よりも遅いけれど、でも確実にこなしていくタイプ。だから、一気にグンと伸びたりはしないんですけど、なかなか成果が見えない時期でもコツコツと目標に向かってがんばることができるんですよね。それが私の長所だと思います。 上地 同じことを何時間でも何百回でも繰り返し続けられることが、私の長所です。コート上での練習は1日だいたい4時間で、その間700〜800球ぐらい打つんですけれど、その1球1球のわずかな違いを意識しながら、少しずつ自分の理想に近づけていくことが楽しいんです。 表現は異なりますが、両者とも「粘り強い精神力」を自分の長所に挙げました。「コートに入れば一人」(豊田)、「結果はすべて自分次第」(上地)というラケットスポーツ界で、世界の頂点を極めた2人が、教えられて身につくものではない「内面」に自信を持っていることは、偶然ではないのかもしれません。 東京2020パラリンピックでは「金」を獲る 二人は東京2020パラリンピックでの金メダル獲得を目標に掲げ、すでに大会から逆算した長期的なトレーニングに取り組み始めているといいます。二人はパラリンピックという大会にどのような想いを抱き、また今年(2017年)は、2020年に向けてどんな年と位置づけているのでしょうか。 上地 2016年のリオ大会は金メダルを目標に掲げて臨みましたが、結果は銅メダル。目標には届きませんでした。 ただ、もし決勝まで行っていたら私は金メダルを取れたと思っています。準決勝で当たった相手(アニク・ファンクート選手/オランダ)が、実は4年前のロンドンでも準々決勝で当たって負けた相手だったんです。とはいえ、直前の大会では私が勝っていた。だからリオでいざ対戦した時には意気込み過ぎてしまって、冷静なプレーができなかったですね。 豊田 リオ大会でパラバドミントンは行われませんでしたが、バドミントン選手として、高橋選手・松友選手が出場した女子ダブルスをドキドキしながらテレビで見守っていました。あんな大舞台であんな大逆転で金メダルを獲るなんて、私は見たことがありません。 同時に、2020年は自分もその舞台に立っているかもしれないので、どんな心構えで臨んだらいいのかなと、考えながら見ていました。 上地 東京2020パラリンピックを見据えて、今年はいろんなことを試す年にしたいです。技術的にはバックハンドのトップスピンとサーブに重点を置き、特にバックハンドのトップスピンは以前から取り組んできたのですが、リオでは実戦で使うことができず、2017年1月の全豪オープンでやっとイメージに近い球を打つことができました。 技だけでなく、よりタイヤが大きく座面の高い新しい車いすも試します。試すので負ける試合が増えたり、うまくいかないことがあるかもしれません。でも、このタイミングで一度取り入れてみることは大事かなと思っています。 2017年はグランドスラムを含めて21〜22大会に出場するプランを立てています。特に2016年に新設され、今年で2回目となるウィンブルドンのシングルスは、優勝を目標に掲げて臨みたいと思います。 豊田 現在のトレーニングの目標は、フィジカルの強化を継続することです。最近、上半身の使い方に重点を置いたトレーニングを取り入れました。以前は鍛えようと思っても「右腕だけ発達してしまうからバランスが悪くなる」と考えていたのですが、トレーナーさんから「トレーニング用の義手をつけて、左右両方鍛えたらいい」とアドバイスをいただいたんです。おかげで私は、これまで体験したことのない「左腕の筋肉痛」を日々味わっていますし、「ここに力を入れたらこう作用する」という左腕の使い方もだんだんわかるようになってきました。ケガの予防にもつながっていると思います。 実戦については、日本障がい者バドミントン連盟がエントリーを予定している5つの国際大会すべてに出場するつもりですし、そのすべての大会でメダルを取ることを目標にしています。11月には世界選手権が開催されますので、前回2015年大会の銀メダルを超える、金メダルを取れるようにがんばりたいと思います。 大きな舞台で活躍することで感謝を伝えたい…

  • 「トイレ法」ノースカロライナ州が撤回、しかし代替案にも批判が…

    アメリカ・ノースカロライナ州議会は3月30日、出生証明書に記載された性別に合わせたトイレ使用を義務付ける州法を撤回する代替法案を可決した。ロイ・クーパー知事(民主党)が同日、代替法案に署名した。 通称「トイレ法」と呼ばれた州法「ハウスビル2」(HB2)は性自認(本人が認識している自分の性別)に合わせたトイレの使用を禁じ、地方自治体の反差別法制定を阻止する規定を盛り込んでいた。 しかし、この代替法案もLGBTの活動家から批判されている。 「根本の発想は撤回されていません」と、LGBT擁護団体「Equality NC」のクリス・スグロー事務局長は30日の代替法案採決前に語った。「それはHB2が強制していた差別をさらに強めるものです。ハウスビル第2弾とでも呼ぶべきです」 「ノースカロライナに住むLGBTの生活を改善する助けにはなりません」と、スグロー氏は付け加えた。 2016年に可決された「ハウスビル2」は、大きな反発を招いた。29日夜に発表され、30日に上下両院を通過した代替法案は、ハウスビル2を撤回したものだが、依然として差別は残る。 代替法案にはハウスビル2の要素が一部残っている。地方自治体は、民間雇用や公共宿泊施設を規制する条例を策定できない。この代替法案では、2020年まで禁止が有効になる。言い換えれば、地方自治体はLGBTの人々のために独自の差別禁止条例を制定できないだけでなく、最低賃金の引き上げや労働者保護のための条例も施行できない。 ジョシュ・スタイン州司法長官は、議会はハウスビル2を「完全に撤廃」すべきだったと述べた。 スタイン州司法長官は「これは現行法の改良版ではあるが、ハウスビル2は完全に撤廃すべきだった。地方自治体が市民を差別から守れるようにすべきだ」と、Facebookに投稿した。 ノースカロライナ州シャーロット市は、代替法案が可決されたことを評価し、ハウスビル2が同市のビジネスと経済成長を阻害していたと述べた。そして、市の差別条例は、2016年2月22日の、シャーロット市が独自にLGBTを保護する条項を差別禁止条例に付け加えた以前の状態に戻る、と発表した。この条項が追加されたことが、ハウスビル2の法案成立につながった。 シャーロット市のジェニファー・ロバーツ市長は、「州議会で共和党首脳がLGBTの人々に不平等な扱いを続け、シャーロット市のような自治体に、自治をさせない姿勢に失望していた」と述べた。 全米大学体育協会(NCAA)はハウスビル2がある限り、ノースカロライナ州ではスポーツイベントを開催しないと表明したことがきっかけだった。NCAAは29日、48時間以内に州議会がこの州法を撤回しない場合、ノースカロライナ州は大学スポーツイベントを開催する権利を失う、と通告した。NCAAは4月18日、2022年開催のポストシーズンの開催都市を発表する予定だ。 「場所が選定されれば、それが最終決定となる」と、NCAAは表明した。 30日に可決された代替法案が、NCAAの意に沿うかどうかは分からない。 一方、ハウスビル2が可決されてノースカロライナ州でのイベント開催をボイコットしていたもう一つの大学スポーツ団体「アトランティック・コースト・カンファレンス」(ACC)は30日夜、同州で将来開催するイベントに関して、理事会で「協議が再開されるだろう」と述べた。 ACC commissioner John Swofford statement on HB2/HB142: pic.twitter.com/oEkPqSrj6b — Luke DeCock (@LukeDeCock) 2017年3月30日 //platform.twitter.com/widgets.js ACCのジョン・スウォフォード理事が出した声明は以下の通り。 今回法案が可決したことで、ACC学長評議会との協議を再開し、ノースカロライナ州で中立性が担保されたACC主催の選手権を開催することについて話し合う準備が整った。近いうちにこの件に関して協議を再会し、ACC学長評議会の決定がどんな形になっても、決定内容を近日中に発表する」…

  • 俺を乗っけて飛んでくれ~! 男顔負けで活躍する美女パイロットのインスタが大人気!! パイロットを夢見る女性の憧れの的に

    最近は、職種における男女の垣根が低くなっているものの、消防士や警察官など圧倒的に男性が大多数を占める仕事が多いことは否めない。 そんななか、男顔負けで活躍する美女パイロットのInstagramが大きな人気を博しているというので紹介したい。パイロットを夢見る女子や、ほぼ男性が独占しているような職種を目指す女性の憧れの存在になっているのである! ・美女パイロットのインスタが大人気! オランダ人で31歳のエヴァ・クレア・マーセイルさんは、旅客機ボーイン737を飛ばす女性パイロットだ。ブロンドのロングヘアが印象的な彼女は、私服だったら、女性にしては珍しいパイロットの仕事に就いているようには全く見えないほど、フェミニンな雰囲気を漂わせた美女である。 そんな彼女のInstagramには、コクピットでポーズを取る自撮り写真やフライト到着地で休日を楽しむ画像が収められ、パイロットという仕事を愛し、充実したプライベートを送る彼女の生き生きした生活ぶりが伝わって来る。 ・夢と現実の間にある距離は ‟鍛錬”なり!! エヴァさんのInstagramのフォロワーは36万に迫る勢いで、とにかく、パイロットの制服に身を包んだ彼女が最高にカッコイイのである! 彼女は自分の仕事ぶりをSNSに投稿することで、女性に向けて「パイロットなど男性が大多数を占める職種に就くことを諦めずに、チャレンジしてほしい」とのメッセージを発信しているのだとか。時には、「夢と現実の間にある距離は、‟鍛錬” と呼ぶのよ」といった格言も投稿し、パイロットを夢見る女性の憧れの的となっているのだ。 ・インスタで美女パイロットが大人気! エヴァンさんだけでなく、Instagramでは美女パイロットが大きな人気を博している模様である。トルコ航空でボーイン737を飛ばすオランダ人のエサー・アクサン・アードガンさんのアカウントは、フォロワーが63万人近くにも! そして、スイス人で23歳のリンディ・カッツさんはボーイング717のパイロットで、44万人以上が彼女のInstagramをフォローしている。 男性が大多数を占める職種で活躍する女性が、こうやってSNSで自分達の活躍ぶりを広めることで、多くの女性に夢と希望を与えるとは素晴らしいことではないだろうか。 参照元:Instagram @flywitheva、The Independent(英語) 執筆:Nekolas Source: Rocket news Japan…

  • Change and other paperwork

    So my current visa is good for a few years but I gotta switch it for my new job. My company is having me mail them my passport and gaijin card and…

  • こだわりすぎなエキナカ自販機『アキュアくん』の大冒険がめちゃ楽しい / 日本全国を駆け回る情熱に胸を打たれた件

    日本は自販機大国といわれるように、至るところに自販機が設置されている。あっちにも自販機、こっちにも自販機。なんとなく目についた自販機に硬貨を入れて、飲み物を買う人も多いはずだ。 しかし、このショートムービーを見たら、きっと「acure(アキュア)」という自販機を応援したくなる。自販機を応援するとかマジ意味不明って感じだが、ホントそんな気分になるからまあ見て欲しい。 ・「acure」って何? まず、「acure」について説明すると、JR東日本のエキナカを中心に設置されている自販機である。メーカーの枠にとらわれず、売れ筋商品をラインアップしているのが特徴だ。 「青森りんごシリーズ」や谷川連峰の天然水「フロムアクア」などオリジナル飲料も販売。プラスアルファの楽しさがある自販機「plus acure(プラスアキュア)」と、女性向けの自販機「naturacure(ナチュラキュア)」も展開しているゾ! ・『アキュアくん』の大冒険 そんな「acure」のキャラクター『アキュアくん』のショートムービー3作品がこのほど公開された。そのうちの「acure」編を紹介したい。 駅のホームに設置された「acure」に近づく、会社の先輩・後輩と思われる男女。ドリンクを買おうとするが、飲みたいものがなかったようで、「もっとこだわりが欲しいよね」とつぶやく。 それを聞いていた『アキュアくん』はそぉーっと駅を抜け出して、こだわりの商品を求める旅へ。山道を抜けて湧き水をくみ、茶摘みをして、商品企画会議に出席して、リンゴ農家にも突撃。納得できるまでとことん頑張るのだ。 後日、会社員たちが再び「acure」の前にやって来た。今度は2人とも飲みたい商品があったようで、満面の笑みを浮かべながらのどを潤す。 ・『アキュアくん』が愛らしすぎる 何がアレって、とにかく『アキュアくん』がかわいすぎるだろ(笑)。ビジュアルは手足のはえた自販機で、正直いってかわいくはない。しかし、よりよい商品を求めてトコトコと大冒険するその姿は、愛らしいの一言である。自販機のクセに生意気だぞ(感動)! 自販機なんだからそこまでしなくていいよ、っていってあげたい。なんなら、代わりにナイスな商品を見つけてきてあげたい……奮闘する『アキュアくん』、めちゃ癒し系やで! 牧場まで行っちゃう「plus acure」編、ワンピースの試着もしてしまう「naturacure」編もかわいいのでぜひとも視聴してもらいたい。いやあ、自販機の『アキュアくん』がこんなに頑張ってるんだから、人間のボクも頑張らないとだな。 参考リンク:acure アクセスデータについては、株式会社オムニバスが個人情報保護方針の「非個人情報の取扱いについて」の項に基づき利用いたします。http://e-omnibus.co.jp/privacy.html Source: Rocket news Japan…