【神童】2歳で化学について語ってた!「未来のアインシュタイン」と呼ばれる天才少年がハンパない / 銅の電子配置をスラスラと……!!


努力して身に着けられる知識や技はあるが、生まれ持った才能にはかなわないものだ。まさに、そんな生まれつきの天才とも呼べる7歳の少年が、「未来のアインシュタイン」だと呼ばれて話題を呼んでいる。2歳で酸素の電子数を当てていた少年の天才ぶりが、超ハンパないのである!

・7歳の天才少年の頭の良さがハンパない!

「未来のアインシュタイン」だと注目を集めているのは、レゴで遊ぶのが大好きだという米ニューヨーク在住で7歳のロマニエオ・ゴルフィン・ジュニア君だ。パッと見はごく普通の少年だが、ロマニエオ君を特集したニュース番組の動画で、彼が遊んでいるのは化学の構造式を組み立てる模型である。

彼が組み立てているのは、‟メトオキシ” と呼ばれる分子の構造式で、普通の人ならチンプンカンプンでも当たり前な話題であることは間違いない。

・銅の電子配置をスラスラ言えちゃう少年がスゴい!!

そして、両親と一緒にブルックリンミュージアムを訪れたロマニエオ君は、ある銅像を見て「銅の電子配置は1s2, 2s2, 2p6, 3s2, 3p6, 4s1, 3d10だ」と言い出すではないか!

息子の言葉を聞いた父親は、「100パーセント正解だ!」と満足気に返答。ロマニエオ君の言ったことが正解だと分かるパパもスゴいが、この時点で、すでに少年のIQの高さがハンパないことがお分かり頂けるのではないだろうか。

・2歳で化学について語っていたロマニエオ君

なんでもロマニエオ君は、すでに2歳で化学について語っていたというから驚きである。当時の様子を録画したビデオでは、8粒のブドウを円状に並べた父親が、「電子を8つ持つ分子は何かな!?」と尋ねると、間髪を入れずに「酸素~!」と無邪気に答えているのだ。

また化学だけでなく、少年はピアノの音を聞いただけで和音を当てることが出来る抜群の耳を持っていて、分野に限らず天才ぶりを発揮しているようだ。

たった7歳でこれほどのIQの高さを見せつけているとは、本当にロマニエオ君は未来のアインシュタインだと言えそうだ。これから少年が、どんな風に成長するのか楽しみである。

参照元:YouTube8CBS8(英語)
執筆:Nekolas


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply