器からはみ出しまくる「全長32センチのごぼう天」はもはや芸術! 本格派うどんで半世紀以上愛されている人気店『博多やりうどん』

昭和42年、福岡県北九州市の折尾駅で「やりうどん」が開業した。それから約半世紀……50年以上経った今でも愛され続けている人気店のうどんは、地元の人だけでなく、観光客の舌までもうならせる。

2016年12月、そんなやりうどんにひとつの転機があった。屋号を「博多やりうどん」に改め、味も一新。そして福岡空港内にも空間がオシャレなワンランク上の「別邸」をオープンさせたのだ。

・全長32センチのごぼう天

博多うどんの定番トッピングと言えば、やはりごぼう天。ただ、同店の「博多やりうどん(税込800円)」のごぼう天は他で見られないくらいスゴイものらしい。なんでも全長32センチ。器からはみ出しまくっているという。となれば、一度食べてみたくなるもの。実際に行って注文してみたところ……

想像以上にスゴかった。店名にもある「槍」に見立てたごぼう天は、もはや芸術と呼ぶべきだろうか。見た瞬間にビックリするほどインパクト大! どうやって食べたらいいのか戸惑うほど、ごぼう天はその存在感を放っていた。

・本格派の博多うどん

とはいえ、食べてみるとそこは名店たる所以。うどんとごぼう天が一体となれば、箸がすすむことすすむこと。博多うどんと言うにふさわしい麺はもっちり食感で柔らかく、優しいダシとごぼう天が絡めば、本格派で長らく支持されているのも納得の味である。

・味の変化も楽しめる

申し分ないうどんに終始感動だったが、嬉しいポイントがもうひとつ。それは備え付けられている大分県産の「柚子胡椒」、京都府産の「一味唐辛子」の存在だ。2種類あることに加え、グッと味を変えることができるのでまったく飽きずに最後まで食べられた。

福岡が「うどん県」と認知され始めている昨今。同店は福岡空港のターミナル内と最高の立地にあるので、飛行機を利用した際にうってつけ。ぜひ50年の歴史とド迫力のごぼう天を味わってみてはいかがだろう。

・今回ご紹介した店の詳細データ

店名 博多やりうどん 別邸
住所 福岡県福岡市博多区下臼井767−1 福岡空港国内線ターミナル3F
時間 7:30~21:00
定休日 なし

参考リンク:博多やりうどん
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply