【森友学園】「安倍首相から寄付金100万円」籠池理事長、参院予算委の調査に発言

学校法人「森友学園」が開校を目指した小学校をめぐり、籠池泰典理事長は3月16日、「安倍総理から寄付金があった」と話した。小学校の建設用地の視察に訪れた参院予算委員会の議員ら対する説明の中で、明らかにした。

籠池氏は、委員らに学校建設用地を案内する中で、以下のように語った。

—–

この建物について、どうぞ賠償をしていただきたいと思います。我々は一生懸命これを作り上げてきたが、何らかの関係で、これが瑞穂の国記念小学校認可が滞ってしまい、我々は認可を取り下げてしまいました。この建物を担当した建設屋は、他の業者にも影響が出ている。私の学園でもたくさん影響が出ます。これだけの先行投資をしている。

この学園を作り上げようとしたのは、みなさんのご意思があります。そのご意思の中には、大変恐縮ですが、安倍総理の寄付金が入っていることを伝達します。

—–

現場視察後、委員らは籠池氏への聞き取りを実施。聞き取りを終えた舟山康江氏(民進)が、記者団に取材に応じ、籠池氏の発言として、「安倍首相から、夫人を通して100万円をもらった。時期は2015年9月ごろ」と話したと、朝日新聞デジタルが報じた。

安倍首相側は現時点で、寄付金を受け取ったとする籠池氏の発言や報道に対して発言していない。

■関連画像集「森友学園」


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply