これまでになかった新グルメ! ラーメンでも担麺でもない「拉担麺」を食べてみた / 福岡『まるたん』

お客さんの舌は正直であり、シビアでもある。だからこそ、飲食業界で成功するのは難しく、入れ替わりが激しいのも無理はない。もしとんこつラーメンが主流の福岡県で「他の麺類」で勝負となれば、苦戦は避けられないと言っていいだろう。

ところがである。ここ数年、非豚骨スープながら「とんこつ王国」で人気を博している店があるらしい。その名も『まるたん』。ここは、ラーメンでも担麺でもない拉担麺(ラータンメン)を提供しており、値段も500円のワンコインと財布にも優しい店なのだとか。

・見るからにおいしそう

私(筆者)が訪れたのは、東区にある箱崎店。店に着くなり、貼り紙にデカデカと書かれた「当店は豚骨スープではありません」との文字が目に入った。どこか自信が垣間見えるだけに期待度アップ。さっそく、食べてみることにした。

店内に入り、拉担麺に餃子とライスがついたセット(780円)を注文。メニューを眺めたり、店内に飾ってある竹内力さんのサインを見ながら待つことしばし。いざ拉担麺と対面すると……ゴマの香りが心地よく、これは見るからにおいしそう!

・非豚骨スープ

冒頭でもお伝えした通り、スープは非豚骨。肉系を一切使用しておらず、ネギや生姜などの香味野菜をじっくり煮込んで旨味を抽出。それに厳選した胡麻を使用した胡麻ペーストと熟成醤油ダレで完成させているという。いわゆるヘルシーな植物系スープというやつだ。

ただ、辛そうな感じがプンプンする上、個人的に辛いものが得意ではないので、暴君すぎたらどうしようなんて不安はつきない。恐る恐る一口食べてみたところ……おぉ……思ったよりも全然辛くない! ていうか、まろやかな口当たりでめちゃウマい!!

正直、拉担麺がどんなものか半信半疑だったが、フタを開けてみたら超優秀。そのまま食べてよし、ご飯と食べてよし、お酒の締めにしたってよしといった印象だ。これは万人受けする味……無料の高菜で味の変化も楽しめたのもまたよかった。人気になるのも納得。これからもっと流行るかも!

・県内に6店舗で替え玉も可能

つい先日、福岡市南区の西長住にも新店舗をオープンさせ、県内に6店を構えることになった『まるたん』。担麺には珍しい替え玉があり、値段も100円とリーズナブル。麺だけで攻めてもたったの600円でお腹いっぱいになれるので、福岡県で変わった麺類を食べたい時はぜひ行ってみてはいかがだろう。きっと満足できるはずだ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 博多拉担麺 まるたん 製麺所箱崎店
住所 福岡県福岡市東区箱崎1−12−14
時間 11:00~14:00
休日 日曜

参考リンク:まるたんFacebook
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply